F1 2022シーズン ひと言予想

Others

いよいよ今シーズンのF1も開幕となりました。昨年はホンダラストイヤーに劇的な結末を迎え、新王者が誕生。マシンも大胆に変更された今年はまさに新時代と呼ぶに相応しい1年です。

そんな今シーズンの展望を各チーム両ドライバー1トピックずつ、例年同様20点満点で予想してみます。果たしてシーズン後の答え合わせでは何点取れているでしょうね……。

メルセデス

・ハミルトンは複数回優勝もタイトル争いの主役にはならず

・ラッセルは中盤以降ハミルトンに拮抗するが、わずかな差でハミルトンに敗れる

今年のメルセデスはコンストラクターズタイトルも手放すことになると思います。オフテストの苦戦が続くチームだとは思いませんが、首位レッドブルに次ぎ、3番手には差をつける独立した2位をシーズン通して維持するるのではないかなと。その分、両ドライバー同士はバチバチに戦いそう……。

レッドブル

・フェルスタッペンはドライバーズタイトル連覇を達成

・ペレスは優勝回数を伸ばしコンスト戴冠に貢献、契約を延長

今年こそレッドブルの2人が勝ち星を重ねてWタイトルを取ると思います。テストでのメルセデスの不振がどの程度リカバーされるかわかりませんが、おそらく盤石の体制で両方のタイトルを掴むシーズンになると予想します。

フェラーリ

・ルクレールは優勝ならずチームリーダーの座がいよいよ危うくなる

・サインツは初優勝を挙げ、チームのエースに台頭

今年は久しぶりにフェラーリの優勝が見られそうです。そしてそれを果たすのは昨年終盤絶好調だったサインツだと思います。それを良く思わないルクレールが不満を漏らし、チームvsルクレールの兆候が出てくるのではないかなーと思ってしまいますね。タイトル争いが見えてきたら、このチームはWエースなんて維持できないチームですもんね。

マクラーレン

・ノリスは昨年より表彰台を減らし、初優勝はならず

・リカルドは優勝ならずも、最終ポイントではノリスを上回る

ブレーキトラブルを除いて好調ぶりが伝えられるマクラーレンですが、個人的にはフェラーリまでの3強に食い込むところまでいかないのではないかなと思います。優勝を望めない中で両ドライバーが堅実にポイントを重ねていきますが、最終的にリカルドが僅かに優勢で終わるかなーという印象です。

アルピーヌ

・アロンソは終盤に表彰台を獲得し、契約を延長

・オコンは2勝目ならず、アロンソにわずかに敗れる

正直苦戦しそうなのがこのアルピーヌ。テストでの様子からPUの信頼性が確保できる中盤・終盤になるまでポイント争いがやっとのレベルになるのではないかと思います。それでも何とか光明を見出す最終盤となって、アロンソが契約延長するのかなーと思います。これは予想というより願望ですね。

一番嫌なのは、チームが育成昇格の都合でアロンソに早期の決断を求め、チームが不調なままリタイアを決めてしまうことですね。そうはならないでほしい……。

アルファタウリ

・ガスリーは表彰台獲得も角田へのリードが縮まる

・角田は初表彰台を獲得

これも予想というより願望ですね。決してガスリーを悪く言うつもりはないのですが、昨年みたいな圧倒的な差にはならないだろうという気がします。そうすると、ガスリーもいいドライバーだけど角田も十分トップチームに選ばれる理由があるよね、と言われるような展開になってくれるんじゃないかなと思っています。そうなってほしいなぁ。

アストンマーティン

・ベッテルは表彰台獲得ならず、チームでの将来に暗雲

・ストロールも表彰台獲得はなく、グリッドで最も存在感の無いドライバーに

オフテストを見て最も希望の見えなかったチームがこのアストンマーティンでした。他のチームは走行距離の長さやトラブルはあれど速さも見せるなどの目立った点がありましたが、このチームにはそれが全く感じられませんでしたね。今年は表彰台がない、暗いシーズンになるような気がします。

ウイリアムズ

・アルボンは複数回ポイントで中団を争いエースの座を確保

・ラティフィも数回のポイント獲得でチームに貢献、堅実なシーズンを過ごす

今年のウイリアムズはポイント争いの常連と言わないまでも、入賞争いに絡んでくることに驚きのないチームになると思います。アルボンはチームを牽引するエースとしての存在感を示し、ラティフィもペイドライバーとしては十分な戦闘力で貢献し、チームは明るい一歩を踏み出すと思います。

アルファロメオ

・ボッタスはトラブルに苦しみ数回の入賞に留まる

・ジョウは競争力のないマシンに苦しみ、デビューイヤーを苦戦する

アルファロメオは昨年と同様、数回の入賞に留まると思います。ジョウの持ち込み資金があるとはいえ決まったのは開発がほぼ終了した段階ですから、今シーズンはあまり希望が持てなさそう。ボッタスは2013年のような辛いシーズンを過ごし、ジョウは苦しい1年目になると思います。こんなご時世なので何があるかわかりませんが、マゼピン同様カントリーリスクを抱えるジョウに依存する懐事情は自転車操業ですよねぇ。

ハース

・マグヌッセンは上位入賞を含む複数回の入賞

・ミックも上位入賞を果たし、ついにグリッド注目の中心人物の一人に

今年のハースはフェラーリの支援からかなり期待が持てますよね。ミックを抱えたことでチームの将来は安泰となり、ロシアンマネーと引き換えにマグヌッセンを招集したことは高くつきましたがすこぶるいいラインナップへと昇華しました。2人とも活躍を見せ、注目ドライバーになっていくと思います。特にミックはフェラーリの内紛予想と合わせて、ついにトップチーム昇格の話題が出てくる1年になるんじゃないかなーと思ってみたり。

今年は開幕前からウクライナ事変を受けて計画変更を余儀なくされたF1。コロナと合わせて抱える問題が増えてしまいました。せっかく新世代を華々しく迎えただけに、水を差されたようで残念ですね。当初の予定通り23戦が平和に終わることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました