1989年チャンピオン A.プロスト

World Champion Collection マクラーレン 1989

内紛勃発

【ミニチャンプス マクラーレンMP4/5 A.プロスト 1989】

前年新加入のセナに敗れたプロストが本領を発揮してタイトルを奪還。抜群の安定感でタイトル争いを優位に進めますが、シーズンは接触によって決着します。

全16戦中11戦の有効ポイント制で争われた1989年シーズン。ターボエンジンの禁止によって全車NAエンジンを搭載しての戦いになりましたが、前年に続きマクラーレンの優位は変わりませんでした。2位のウイリアムズに倍近い差をつけて、ダブルタイトルを連覇します。

シーズンはプロストの4勝に対してセナが6勝を挙げたものの、9回もの無得点が響いてこの年はプロストがタイトルを獲得しました。2年連続天王山となった鈴鹿では、1年間緊張が高まり限界を迎えた両者が最終シケインでついに接触。プロストはリタイア、セナは復帰して優勝したものの、シケイン不通過により失格処分を受けたことでタイトルが決定しました。

MP4/4の発展型となったMP4/5シリーズは翌年にも改良型が使用され、2年間で16勝を挙げました。MP4/4には及ばないものの、黄金期を支えた名車の1台です。しかし日本ではセナ人気の方が高いせいか、マルボロ・マクラーレンホンダのチャンピオンマシンの中ではミニカーの価格が一番落ち着いている印象がありますね。

最終戦の接触を巡る裁定では、当時のFIA会長のバレストルがプロストと同郷のフランス人ということもあって肩入れがあるのではないかとも噂されました。FIAからチームに対し両ドライバーを公平に扱うことを求めた書簡が届くなど、チームメイト間の対立は周囲を巻き込んだ泥沼の争いに発展。プロストはこの年にタイトルを獲得しますがチームへの不信は払しょくされず、王座を手土産に上り調子であったフェラーリへと移籍します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました