ルノー R.S.16 J.パーマー

ルノー 2016

エベレストの話

【ミニチャンプス ルノーR.S. 16 J.パーマー 2016】

80年代に活躍したジョナサン・パーマーの息子にして2014年のGP2チャンピオン、ジョリオン・パーマーがデビューしたのは2016年。ワークスルノーが復活した時の最初のドライバーとしてF1に参戦しました。

名門ワークスの復活でありながら2016年のルノーはロータスの買収が遅れたことで市場にろくなドライバーが残っておらず、華々しい最初のワークスドライバーをマクラーレンを追い出されたマグヌッセンと資金を持ち込んだパーマーという中堅並みのコンビでスタートしました。

開発の進まないマシンでは経験者マグヌッセンが2度、そしてパーマーはわずか1度のポイント獲得に終わります。正直あまりにも数合わせの存在すぎて、半額以下で投げ売りされていなければミニカーを買うことはなかったですね。

参戦まで時間がなかったのか、カラーリングも酷いです。最初に参戦発表した時のスペシャルカラーリングは黒をベースに黄色のアクセントが効いた、2020年のマシンのようなかっこよさがあったのですが、なぜか本線では黄色をぬっぺり塗った如何にも速そうに見えないマシンで登場しました。まぁ実際その通りだったわけですが……。

ルノーは2年目にヒュルケンベルグを迎えると、彼との差でパーマーがポイントを取れないことが顕著に現れます。世界中からシートの無駄だと批判を浴びる中、彼はあのエベレストに登山をすることでリラックスをして、その後参戦したシンガポールGPでは自身2度目のポイント獲得、6位フィニッシュを達成しています。しかし大勢を変えるには至らずシーズン半ばで解雇されてしまうのですが、これだけのプレッシャーを受けるF1ドライバーであってもエベレストの景色は心をリセットさせてくれるんだなぁ、と感心した思い出です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました