カテゴリー

フォースインディア VJM07 N.ヒュルケンベルグ

レーシングポイント・フォースインディア 2014

21世紀のNo.27

【ミニチャンプス フォースインディアVJM07 N.ヒュルケンベルグ 2014】

固定カーナンバーの復活で21世紀に初めて登場したNo.27。その持ち主になったヒュルケンベルグですが彼のキャリアを大きく変えるには至らず、相変わらずあと一歩が届きません。

ザウバーからの出戻りでペレスとタッグを組んだ2014年、実力者同士の組み合わせに強力なメルセデスPU搭載と合って、他の中堅チームには脅威となる活躍を見せました。しかし第3戦バーレーンGPではペレスがチームメイトバトルを制してポディウムを獲得し、またも早速に表彰台のチャンスを逃してしまいます。

シーズンが進むにつれレッドブルやウイリアムズが調子を上げたことで、ヒュルケンベルグは上位入賞が続くもポディウムは遠のくばかり。安定して好成績を収めているから……と言い訳が付くもののたまに崩れるそのレースでペレスが表彰台を取ってしまう3シーズンが始まります。実力はあるのにシートが安定しない苦労人から、実力はあるのに表彰台に縁がないドライバーへとジョブチェンジを果たした年と言えるでしょう。

フォースインディアはこの年からカラーリングを一新し黒ベースにしました。辛うじてペレスの持ち込みスポンサーのために白が残っていますが、もうこれまでの面影がなくなりつつあります。当時のインドは国内からの支援が望み薄で国際的にスポンサーを集めている最中で、年々インドらしいカラーリングが失われてしまいましたね。

最近はめっきり代役のイメージがついてしまったヒュルケンベルグ。かつてヴィルヌーブ、プロスト、アレジが継承してきた悲劇のエースナンバーは、21世紀では腕の立つ運転代行みたいな扱いになってしまうのでしょうか。個人的にはレッドブルのシートを獲得できても表彰台は登れないと思っているのですが、世界中のファンの夢に結論を出すためにもぜひシートを獲得してほしいなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました