デアゴF1 第010号 P34 J.シェクター

デアゴスティーニ F1マシンコレクション ティレル 1976

伝説の6輪車

【デアゴ ティレルP34 J.シェクター 1976】

F1史に残る奇抜な名車、6輪のP34です。奇抜なマシンは数あれど、ブラバムBT46と並んで勝利を挙げたことでその思想が正しかったことを証明した数少ないマシンでもあります。

1976年に投入されたP34はドラッグ低減を目的にフロントタイヤを軽量化、失われるフロントブレーキを4輪化によって補うことが設計思想でしたが、当初の目的ドラック軽減はそれほど効果を発揮しませんでした。しかしブレーキ性能の向上が光ったことで開発が継続され、1977年シーズンまで2年間実践投入されます。

1976年のスウェーデンGPで優勝を挙げグランプリウィナーに名を残しただけでなく、表彰台も多く獲得し競争力の高さを示しました。しかし翌1977年はマシントラブルが頻発しシーズンの大半をリタイアしてしまいます。

「たいれる」と「しえくたあ」のロゴがあるので、これは日本GP仕様なのでしょうか。これもデアゴのローカライズなのかもしれませんね。タミヤがプラモデル化する際に初めて版権料が発生したF1マシンでもあり、タミヤ本社にも実車が展示されています。映画RUSHでは実際に走行するシーンも収められており、今でも名前や姿を見ることの多いマシンです。

6輪のアイデアはフェラーリやウイリアムズでも検討されてテストカーが開発され、モデル化もされています。1983年にタイヤの本数が4輪までと規定で定められたため、以降は登場することのない封じられたアイデアとなってしまいました。ぜひコレクションに加えたいものの、何千円も払って買うほどではなかったためラインナップされていてよかったです。ミニカーの出来も悪くなく、このデアゴシリーズの良さが出ている1台でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました