マルシャ MR03 J.ビアンキ モナコGP

マノー・マルシャ 2014

待望のポイント獲得

【スパーク マルシャMR03 J.ビアンキ モナコGP 2014】
この年チーム唯一の、そしてビアンキにとっては最初で最後となったポイント獲得マシン。2010年参入の新規3チームの中で初めてのポイント獲得ということで話題を集めレース直後にモナコGP仕様もアナウンスされたのですが、その後の事故を受けてか音沙汰なくなっていました。しかしForza別注モデルというチャンスを経て、無事にモデル化されています。

マシンについては言わずもがな、フェラーリ育成として有望視されてたビアンキがチームにポイントをもたらした記念のマシンです。PU初年度で初の市街地レースとあって、メルセデス以外はどのチームもトラブルによるリタイアが続出していた年とはいえ、貴重なチャンスをものにして9位フィニッシュを成し遂げました。

デビューからずーっとお荷物扱いされてきた新規3チームがようやく成し遂げた偉業とあって感動も大きかったですね。チームは名を変え体制を変え2016年にウェーレインが2度目のポイントを獲得するわけですが、この時はメルセデスPUだったことに加えハミルトンとロズベルグの同士討ちの混乱に乗じての10位フィニッシュしたものだったので、応援していた達成感はこの時の方が大きかったです。もちろん途中のラスカスで可夢偉に当てて抜いていくシーンがあったので、日本人としては悔しい思いもありましたけどねぇ。

極端に着座位置が低かった通常版に比べて、別注版ではドライバーの位置が修正されました。あと地味な変更ですが、台座が通常版がオフホワイト気味だったのに対しこちらのモデルはきれいなホワイトでミニカーが良く栄えます。

マルシャとしての快挙はもちろん、フェラーリにとってもこのレースでポイントを獲得したフェラーリPU勢はアロンソとビアンキのみで、育成ドライバーとして値千金の活躍だったと思います。存命であれば2015年にザウバー入り、ルクレールのシートには彼がいたのでしょうね。
フェラーリ育成は続々と後輩たちが頭角を頭角を現してきて、ビアンキの影が薄くなるのかと思いきやそんなことはなく、ルクレールやガスリーは今も彼の事を良く口にしますよね。今日のフランス勢の躍進には、死してなお彼の存在が大きいのでしょう。

別注パッケージ全体図。チームもドライバーも、そしてショップすら失われてしまいました……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました