カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

トロロッソ STR5 S.ブエミ

アルファタウリ・トロロッソ 2010

初のラップリーダー

【ミニチャンプス  トロロッソSTR5  S.ブエミ カナダGP  2010】

ベッテルの後任として09年にデビューしたブエミ。光る活躍を見せることはできなかったものの、このカナダGPでラップリーダーを記録。記念にミニカーも発売されました。 

2010年、それまでトロロッソはレッドブルからシャシーデータの提供を受けていましたがこれが禁止となり、自前でマシンを作る必要に迫られました。前年マシンの継続発展型となったSTR5は競争力に乏しく、トロロッソはポイント獲得も困難な状況となります。

そんな環境でデビュー2年目を迎えたブエミ。当然チャンスを得られるわけもなく、目立った活躍を見せることはできませんでした。このミニカーの仕様であるカナダGPの8位完走が最高位となっています。

F1では結果が出なかったブエミですが、ドライバーとしての評価は高いのか現在まで継続してレッドブル勢のリザーブドライバーを継続して務めています。またF1を離れてからはWECでトヨタと、フォーミュラEでルノーと共にチャンピオンを獲得するなど才能を開花させました。

ドライバーとしての才能が認めているだけに、F1デビューが早すぎたのは勿体無いですね。結局このアルグエルスアリと彼の2人はトロロッソにおける谷間の世代となってしまいました。ベッテルとリカルドが優秀なのはもちろんですが、シート的にも行き場がなかった2人はF1で成功できない運命にあったのでしょう。実力があってもタイミング次第でこうしてチャンスをつかめないレッドブル育成ですから、ブエミやベルニュなど他の道を見つけることができたドライバーは応援したくなりますね。 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました