ウイリアムズ FW32 N.ヒュルケンベルグ

ウイリアムズ 2010

数奇なキャリアの始まり

【ミニチャンプス ウイリアムズFW32 N.ヒュルケンベルグ 2010】

表彰台未経験の最多出走記録を更新したヒュルケンベルグのデビューマシン。ここから順当にF1での成績を積み上げていくのかと思いきや、様々な要因に悩まされるキャリアが始まります。

GP2を支配的な成績で卒業し、ベッテルと並ぶ皇帝シューマッハの後継者とまで噂されて鳴り物入りだったヒュルケンベルグ。前半戦はマシンの競争力不足もあり、ポイント獲得ができない時間が続きます。大ベテランのチームメイト、バリチェロをもって辛うじて入賞という状況は、ルーキーのデビューには過酷だったでしょう。

マシンの調子が良くなってきた後半戦はバリチェロとともに頻繁にポイントを稼ぎ、さらには雨に左右されたブラジルGPの予選ではPPを獲得します。ルーキーとしては十分な1年目だったと思うのですが、財政的に苦しいウイリアムズはこの結果を受けてもマルドナードのお財布を採用することを決定し、大物ルーキーはたいしたダメ出しも受けないままわずか1年でシートを失ってしまいます。

トヨタの撤退の煽りを受けたウイリアムズは搭載エンジンが見つからず、新規3チームに加えて唯一の既存チームのコスワースエンジン搭載車となってしまいました。これも競争力低下の大きな要因でしたよね。

シートを失ったヒュルケンベルグはフォースインディアに身を寄せ、テストドライバーからF1復帰を目指していきます。なお、その後の数奇な流浪のキャリアを表すかのように、このモデルはデビューマシンながらF1を去った年にリリースされました。予約後突如ミニチャンプスがウイリアムズを販売中止したので、長年FW32のミニカーはリリースされず。スパークによる救済モデル化を経て、引退の餞別にかミニチャンプスからもモデル化されたのでした。PMAと同郷のドイツ人F1大物ルーキーなのにモデル化をキャンセルされるって、本当にあり得ないというかもってないというか、そういう星の下に生まれた人としか思えませんね……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました