デアゴF1 第014号 MP4-14 M.ハッキネン

デアゴスティーニ F1マシンコレクション マクラーレン 1999

ハッキネン初登場

【デアゴ マクラーレンMP4-14 M.ハッキネン 1999】

ハッキネン2度目のタイトルを獲得したこのマシン。ライバルだったシューマッハが怪我で欠場したため、フェラーリセカンドのアーバインとの戦いになりました。

ミカシュー対決の話題が強く記憶に残りますが、この年は直接対決ではありませんでした。最終戦までアーバインにポイントリードを許しますが、最後の最後に逆転しています。正直ここで負けていたら、シューマッハのライバルという割にセカンドにすら負けているよね、とケチが付きそうなので勝てて良かったと思います。

この翌年シューマッハが復帰してからは、信頼性不足に悩まされて戦いになりません。彼のタイトルもこの2連覇止まりとなってしまいます。この後シリーズでハッキネンマシンのリリース予定はありません。活躍した時期のマシンのカラーリングは全部同じなので、仕方ないですね。

WESTマクラーレンは00年代でも屈指のカッコよさですね。ハッキネン・ライコネンというフィンランドエースが乗り継いだ背景もクールな印象を与えます。

私にとってのハッキネンといえば、初めてシーズンを見終えた2006シーズンの終わりにマクラーレンのテストに戻ってきたことで話題になったドライバーです。当時そのインパクトは知る由もなかったわけですが…。そんなわけで、あまり私に刺さるものの少ない一台だったこのマシン、しかし全120号のシリーズのうち唯一のWESTマクラーレンという貴重なモデルでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました