マクラーレン MCL34 L.ノリス

マクラーレン 2019

次世代ルーキー

【ミニチャンプス マクラーレンMCL34 L.ノリス 2019】

バンドーンを押しのけてデビューしたノリス、遅いマシンに苦しむ彼から持ち込み資金によってシートを奪ったかのような報道もありましたが、結果を見れば大当たりのルーキーでした。

ノリスの特徴はとにかく明るいことですよね。この年のマクラーレンが改善した要因の一つには彼の存在も大きく影響していると思います。あの不機嫌なアロンソからのギャップを考えると、スタッフもリラックスして臨めたことでしょう。レース以外にもシムレースの配信でファンを楽しませるなど、まさにミレニアム世代のF1ドライバーという感じがします。

レースでも光る速さをみせ、最高位は6位ながら安定してポイント圏内での戦いを見せます。目立ったミスもなく、トラブルでリタイアすることがなければドライバーズランキングももっと上位を目指せていたと思います。

記憶に残るレースはフランスGPで、上位走行中に油圧を失うトラブルが発生し、コントロールを失うマシンと戦いながら3台のマシンとのバトルを見せました。結局抜かれてしまいましたが、あと1周早くレースが終わっていれば結果が変わっていましたね。ルーキーながらトラブルと戦いミスもせずマシンを完走させた姿を見て、並みのルーキードライバーではないことを感じました。

最終戦のアブダビGPではチームを離れる担当エンジニアに感謝の無線を伝え、感極まって泣いてしまうなどとても素直でいい子ですよね。ギスギスしたF1の場で一服の心温まるエピソードを数々届けてくれています。メルセデスやレッドブルからもコンタクトが噂されるなど、引く手あまたのノリスですが本当に持ち込み資金も豊富なのであればこのキャラクターと相まって非常に貴重な存在ですよね。ただ結果はどうしてもサインツに一歩負けていたので、次のシーズンはその差がどこまで縮まるかに注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました