トロロッソ STR14 P.ガスリー オリジナル台紙

オリジナルモデル アルファタウリ 2019

Turn around

【スパーク トロロッソSTR14 P.ガスリー ブラジルGP 2019】

シーズンを通してレッドブルに相応しくないと叩かれ続けたガスリー、トロロッソに降格してもなお強気な姿勢を変えませんでしたが、ブラジルGPで2位表彰台を獲得したことで最後の最後に評価をひっくり返しました。

リカルドの離脱で昇格が決まった時はプールに飛び込んだと喜ぶガスリーですが、気合が空回りしてプレテストでは2度のクラッシュでチームの開発プログラムを台無しにします。それでも強気な姿勢を変えないところから、批判が批判を呼ぶ悪循環を起こしていました。

レッドブル時代は最高位4位1回というトップチームに似合わない成績が続き、主な仕事は終盤タイヤを履き替えてファステストラップポイントを狙うことでした。しかしそれすら達成できないこともしばしば。追い抜きが上手くなく本来走るべきポジションでレースできない時間がほとんどだったことが致命的でしたよね。いつ首を切るのかがずっと話題になっていましたが、ドイツGPでのクラッシュで決定的になりました。トロロッソならいけると強気に出たことが完全に裏目にでましたよね…。

台紙はいつものミニチャンプス風にして作りました。アルボンと並べてもスパーク感がでません。でもあまりいいデザインではないので作り直すかも。

久しぶりに2台買ったので、ミニチャンプスとスパークを比較すると、相変わらずスパークの方が赤みがかかっていて光沢が少ないです。一度2014年にスパークのRB10を買ったときには黄色がオレンジになるほどあまりにも赤かったので、以来ミニチャンプスで買うことに決めています。

2018年のトロロッソ時代は明らかにエースだったのですが、突然のチャンスに足元をすくわれしまったようです。それでも一貫して自信を見せ、2位という結果で証明したことは素晴らしいですね。ハミルトンを僅差で抑えてのフィニッシュには感動しました。2019年のベストレースだと思います。しかしガスリーにとっては評価が乱高下するジェットコースターのようなシーズンでしたね。

この結果でさらに強気な姿勢を見せていますが、正直それがあるとレッドブルでは雇われないと思うんですよね。今彼らが必要としているのはフェルスタッペンのセカンドですし…。すっかりアルファタウリのファッションモデルのような仕事が板についてきてしまっていますが、このままここで骨を埋めるんでしょうか。クビアトのように外に目を向けないとチャンスはない気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました