カテゴリー

フェラーリ 150°Italia F.アロンソ

オリジナルモデル フェラーリ 2011

あわやシーズン0勝

【マテル フェラーリ150°Italia  F.アロンソ 2011】

アグレッシブに攻めたF10はトラブルに泣いた。だからコンサバに作ったというこの車。アロンソをして「何所も悪くないのに遅い」と言わしめ、危うく未勝利の憂き目にあいました。

不吉な予兆はマシン命名時からあり、イタリア独立150周年を記念して命名されたF150という当初の名前がフォードのトラック名と類似しているとして、訴訟沙汰になりかけたため変更されました。シーズン開幕を前に何のアップデートもないまま、マシン名がF150°Italia という名前になります。長いですねぇ。

ブロウンディフューザーの開発には付いていけたものの、オフスロットルブローシステムの開発に苦しみ、レッドブル・マクラーレンには全く追いつけませんでした。何とか1戦だけイギリスGPでオフスロットルブローの禁止を取り付けて、そこで挙げた1勝のみがシーズンのハイライトとなります。

近代フェラーリの中では見た目もカラーリングもよく、これぞフェラーリという感じです。2011年のマシンらしくシンプルなデザインもいいですね。しかしオフテストで自信満々になり、開幕戦で遅さに気づくのもフェラーリらしいのですが……。なおマテルのミニカーはヘルメットに致命的な欠陥があり、異様に頭頂部が長いです。円柱のようなデザインで、頭にコブがあるような見た目をしています。勝てないフェラーリを見て売上減を見越したのか、この頃からマテル通常版の品質は著しく低下していきました。

過去窮地に陥りながらも、05年や09年、そして11年のようにあの手この手で1勝を挙げて首を繋いできたフェラーリ。でも今年2020年シーズンはこれまでのレースを見る限り、さすがにどうにもならなそうですね。14年や16年同様、未勝利でシーズンを終えるのではないかと思います。しかしフェラーリの出走1000レース目を記念して、お膝元では1戦だけPUに改造が許されたりするのでしょうかねぇ……。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました