カテゴリー
スポンサーリンク

メルセデス W02 M.シューマッハ

メルセデス 2011

メルセデスに珍しい失敗作

【ミニチャンプス メルセデスW02 M.シューマッハ 2011】

シルバーアロー復活後第二弾のマシンにして、近代メルセデスの初の完全設計マシンW02。出来が悪く、完成早々に見切りをつけられてしまいました。

シャープで鋭利なノーズがスタイリッシュなW02、メルセデスの中でもかっこいいマシンの一台だと思いますが、競争力に乏しく成績は表彰台に届かない4位が最高位となりました。シューマッハのキャリアにとってはパッとしない成績ながら、ロズベルグと組んだ3年間では最も差の少ない1年となっています。

走り出しからマシンの状態が良くないことが判明したのか、オフテスト開始早々にロス・ブラウンがこのマシンに見切りをつけて翌年に切り替えると発言をしていた気がします。シューマッハはデビュー20周年を迎えた2011年でしたが、見所はカナダGPでのウェバーとの攻防とベルギーGPでの追い上げ、イタリアGPでの上位争いくらいで、記録に残るような活躍はありません。

一方で見た目に関してはメルセデスの中でも随一にかっこいいと思います。高いフロントと低いリアが相まって横からだと歪なマシンにも見えますが、いかにも「シルバーアロー」という感じのルックスで好きな1台です。最近のノーズはアローって感じじゃないですからねぇ……。ナイフのように鋭利なこのノーズが好きです。

昨今の最強メルセデスからは信じられないほど、マシンが遅く戦略にも問題が山積みだったシューマッハ時代のメルセデス。マシン設計ミスやレース中のタイヤ取り付けミスなど基本的なエンジニアリングに問題を多く抱えていた2011年ですが、このシューマッハ期に問題を洗い出してきっちり解決したことが今日の強さの所以かもしれません。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました