カテゴリー
スポンサーリンク

ロータス T128 H.コバライネン

ケータハム・ロータス 2011

躍進の年

【スパーク  ロータスT128 H.コバライネン 2011】
チーム参戦2年目、新規3チームの中では抜きん出た成績で既存のチームに後一歩のところまで迫りました。 この年がこのチームのベストシーズンだと思います。

近代マシンのトレンドに追いつくため、エンジンをコスワースから競争力のあるルノーに変更したロータス。あわせてギアボックスもレッドブル製を搭載し、信頼性重視でKERSの搭載を見送ります。この決断が当たり、Q2進出を果たすなど著しい進歩を見せました。

終盤戦では苦戦するウイリアムズまでKERSがあれば追いつく程度の差まで近づき、翌年のポイント争いを予感させました。2010年参戦の3チームの中では頭一つ抜き出ていて、エースのコバライネンの走りも評価が高く、レガシーチームに追いつきF1に定着するのは時間の問題だろうという期待が大きくありましたね。

上述の改善の成果か、前年マシンとうって変わって一気に近代マシンのルックスに近づきました。2011年らしい見栄えです。カラーリングも良く、これで中堅チームなら人気も出ていたことでしょう。

マレーシアの富豪、トニー・フェルナンデスの肝いりで始めたF1チームのロータス。第二のビジェイ・マリヤのなるかと思われましたが最後は愛想を尽かしてしまい、チームは投資家のおもちゃにされて幕を閉じました。2011年の進歩から2012年の停滞が許せなかったという話もありますが、そんなのはモータースポーツに付き物なんですよね。ヴァージン同様の素早い撤退劇でしたが、FIAはどんな青写真を提示して参戦を促していたんでしょうか。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました