カテゴリー

レッドブル RB7 S.ベッテル

レッドブル 2011

自炊の話

【ミニチャンプス レッドブルRB7 S.ベッテル 2011】

本当はマレーシアGP仕様を残すはずだったのですが、売るときに間違えて通常仕様を手元に残してしまいました。しかし思い出はマレーシアGPの決勝日なのです。

RB7は言わずもがな、オフスロットルブローでシーズンを支配したマシンであり、特にシーズン前半はその驚速を武器にPP優勝を連発していきます。

第2戦マレーシアGPも言ってしまえばそんな単調なレースの一つだったのですが、決勝日の4月10日は私が上京して一人暮らしをして初めて自炊をした思い出の日です。F1を見たいのにお腹が空くから観戦を途中で中断してキッチンに向かい、チャーハンを作りました。趣味よりもまず食事が必要でそれは自分で行う必要があって、これが一人で生活するということなんだなぁと感じた記憶があります。

RB7は2010年代で最もF1マシンらしい完成したルックスだと思っています。2011年のマシンは段差や背びれなど余計なものがなく、レッドブルのマシンが一番洗練されている印象があるんですよね。F1マシンのシルエットはレーシングカーのアイコンとして様々なところで見かけるものですが、どことなくこのRB7を感じることが多いです。

躍進の原動力となったオフスロットルブロー。もう本当に直接吹き付けてますっていう構造ですね。

最近のベッテルはこの頃の強さはどこへやら、別人のようにミスを繰り返してしまっています。10年も経てば人も変わるんでしょうか。でも私は一向に料理が上手くなりません。やっぱり興味がないって上達しないよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました