レッドブル RB12 D.リカルド モナコGP

レッドブル2016

初ポールポジション

【ミニチャンプス レッドブルRB12 D.リカルド モナコGP 2016】
フェルスタッペンのRB12から約半年遅れでリリースされたリカルドのモナコGP仕様。タイヤ交換だけでなくリリースまで遅かった一台です。思えば初優勝のRB10も1年以上待ちました。レッドブルのリカルドモデルはフェルスタッペンやベッテルに対してリリースが遅かったですよね。不遇。。。

訳あって1st POLE PSITION 仕様となりましたが、ピットミスさえなければモナコGPウィナー仕様になっていたであろうこのモデル。予約の案内があった時点では初のUSタイヤ装着ミニカーとなるはずだったのですが、後発のマクラーレンに先を越されてしまいました。しかしなんとも不遇なミニカーですねぇ……。

予選を制したこのモナコGPではレースペースも速く楽勝ムードだったものの、謎のタイヤが用意されていないという致命的なピットミスでハミルトンにわずかにリードを許してしまい、モナコGP初優勝の夢は潰えました。本当に、なんだったんでしょうねあのミス。無線ミスなのか何なのか、はっきりとした理由は今でも明らかになっていなかったと思います。

この年登場したパープルラインのUSタイヤですが、やはりレッドブルのマシンには似合います。ミニカーなのでもう少しタイヤのパープルラインが強調されててもよかったかな。放置しているとわけのわからないくらいタイヤコンパウンドが増えそうだったので、5種類3色に制限したのは正解だったでしょう。この時期ならではのバリエーションですね。

時の支配者ベッテルを負かしてブレイクしたリカルドですが、この年はこのモナコGPのピットミスを筆頭に、フェルスタッペンの方に勢いがあることを印象付けられるシーズンとなってしまいました。しかしこのレースでピットミスがなく優勝したとしても、今のレッドブルはメルセデスに勝てるんだ、だからマックスにメルセデスを倒させるんだ、となっていたと思うので、彼の扱いやキャリアにはそれほど影響しなかったのでしょう。当時はモデルカーリリースでもアナウンスから数年放置、果てはセットオンリーで単体リリースなしなんて冷遇ぶりだったので、対応の差を理由にチームを離れたのは大正解だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました