レッドブル RB12 M.フェルスタッペン スペインGP

レッドブル 2016

最年少優勝

【ミニチャンプス レッドブルRB12 M.フェルスタッペン スペインGP 2016】
結果も話題も言動もとにかく近年のF1の主役となったフェルスタッペン。その初優勝モデルです。シューマッハ級の大物とあって、各メーカー仕様違いや別注が乱発されていました。このご時勢になんとも珍しいことですね。

スペインGPで急遽レッドブルへの昇格を果たし、そのままメルセデスの同士討ちという幸運を追い風に初優勝までやってのけてしまったフェルスタッペン。ベッテルの初優勝を彷彿とさせるインパクトで、翌年の規約変更であっさりタイトル取ってしまうのではないかという勢いすら感じさせました。

初優勝を果たした翌戦のモナコGPでは予選でクラッシュしましたが、この年のミスといえばこれくらいだった気がします。一時期はブロッキングを度々非難されフェルスタッペンルールなるものまで制定されてしまいましたが、槍玉に挙げるのはほとんどがトップドライバーということで、逆に彼が上位ドライバーの仲間入りを果たした証拠のひとつとなっていたのではないかと。アロンソもハミルトンもベッテルも若い頃は叩かれていましたし、そのルートに乗ったんだなぁ、とね。

この年はカラーリングも注目のひとつだったレッドブルのマシン。今ではトレンドになりつつあるマッドカラーの先駆者でしたが、いいデザインですよね。この当時はあまり変わり映えしないレッドブルのカラーリングには飽きていたのでこの大胆な変更は嬉しかったです。

これだけの大物だったフェルスタッペンですが、当時の私は彼にそれほど惹かれるものがありませんでした。成績もすごいし速いのもわかるんですが、話題先行でなるべくしてなった規定路線の感じがすごくあった気がします。どうせそのうち最年少タイトルも取っちゃうんでしょ、みたいな。

しかし残念ながら非情にもメルセデスとハミルトンがその記録の夢を破り、彼の更新できる単発の最年少記録はほぼなくなってしまいました。しかし一方で頻繁にトップ争いに加わる彼の戦いぶりは瞬く間にファンを獲得し、今では押しも押されぬ次世代のトップドライバーに。わずか5年でグリッドのベストドライバーへと成長しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました