2008年チャンピオン L.ハミルトン

World Champion Collectionチームマクラーレン2008

最初のタイトル

【ミニチャンプス マクラーレンMP4-23 L.ハミルトン 2008】

初年度からタイトル争いをリードし鮮烈なデビューを果たしたハミルトンがキャリア2年目にして早速タイトルを獲得。しかし相手は大方の予想を裏切るマッサで、またも予想を裏切り僅差の争いとなります。

全18戦で争われた2008年シーズン、アロンソがルノーに追い出される形で移籍し、前年王者ライコネンは度重なる不運によってポイントを積み上げられず、タイトル争いはフェラーリのマッサとの一騎打ちになります。前年2チームが優勝を独占したシーズンとは打って変わって、このレギュレーションの最終年となった08年は勢力差が縮まり5チーム7人が優勝。参戦初年度のフォースインディアを除くすべてのチームが表彰台を獲得しました。

1点の取りこぼしも許されなかった07年とは一転、この年は両陣営ともミスが目立ち、取りこぼしの中でどれだけ点を積み上げられるかという戦いになりました。ハミルトンは前年の落ち着きが消えてなくなり、バーレーンGPでのアロンソへの追突やカナダGPでのピットレーンでの信号無視による追突など、精彩を欠いたシーズンとなりました。

空力戦争とも呼ばれたレギュレーションは最終年を迎え、ありとあらゆるウイング、空力デバイスが搭載されたこのシーズン。MP4-23には搭載が見送られたもののシャークフィンの登場やノーズコーンウイングレット、ホイールカバーなど近年規約の変更で認められるたびに復活する様々なデバイスが登場し、レースごとのマシンの見た目が著しく変わったシーズンです。

取りこぼしが続いたことで最終戦で窮地に陥ったハミルトンですが、最終ラップの最終コーナーでトヨタのグロッグのオーバーテイクに成功しポジションを上げ、この1点によって辛うじてタイトルの獲得に成功しました。以降のマクラーレン時代のハミルトンは荒々しさが目立ったものの、メルセデスに移籍してからは落ち着きと余裕を獲得して盤石の強さで連覇を続けていきます。

一方マクラーレンにとっては現在までこれが最後のタイトルで、コンストラクターズを獲得したフェラーリ同様、F1に名高い2つの名門は13年間もタイトルから遠ざかることになります。この規定での開発を最後まで突き詰めたことが翌年からの出遅れに繋がったことは明らかですが、1年間戦いきれない様はこの年の稚拙なタイトル争いから脱却できていないのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました