ウイリアムズ FW37 S.ウォルフ イギリスGP

ウイリアムズ 2015

21世紀初の女性ドライバー

【ミニチャンプス  ウイリアムズFW37 S.ヴォルフ イギリスGPフリー走行 2015】 
CK-models 別注として女性ドライバー、ウォルフのマシンが初めてのミニカーリリースされました。フリー走行だけとはいえ、公式セッションを走った21世紀最初の女性ドライバーなので価値ある一台です。

十数年ぶりの女性ドライバーということで話題に上りましたが、夫であるトト・ウォルフがウイリアムズの株主かつ、PUを供給するメルセデスの代表ということもあり、実力だけではなくコネもあってのテストドライバー採用だったのは明らかです。トトは今でこそメルセデスに専念していますが、当時はボッタスのマネージャーまで兼ねていてウイリアムズを支配する一歩手前までいっていましたからね。

スージーはF1でのレース参戦には至りませんでしたが、それでも母国イギリスGPの公式セッションでF1マシンを走らせるまでたどり着きました。当時の深刻な財政難と女性ドライバーの厳しい環境を考えれば立派な金字塔だったと思います。しかしFIAは抜本的な構造改革の必要性に気づいたのか、今日ではWシリーズをはじめ女性ドライバーの発掘育成に1から力を入れ始めました。

マシンはイギリスGPに合わせて、サイドのユニリーバのブランドがSureに変更されています。金型変更とかにはこだわらないのですが、こういうひと目でわかる○○仕様は好きですね。しかし300pcsとは驚きの少なさです。フェミニストは声高に叫ぶのにミニカーは買わないんですね……。

当時のF1はグリッドガールが廃止されるなど男女平等の機運が高まっていましたが、ウイリアムズはチーム代表を務めるクレアとドライバーのスージーという2人の女性が活躍していた珍しいチームでした。多様性という観点では一歩先を行っていたチームだったのですが、夫のコネでPUの割引があったかどうかくらいのもので金銭的なメリットはほぼ皆無。結局資金難でクレアはチームを手放してしまいました。ドライバーしかり代表しかり、性別がどうというより男女平等お金を持ってこれるかどうかが大事なんですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました