ウイリアムズ FW37 V.ボッタス

ウイリアムズ 2015

ボッタス初のミニチャンプス

【ミニチャンプス ウイリアムズFW37  V.ボッタス オーストラリアGP  2015】
2012年以来2年ぶりとなるミニチャンプス製のウイリアムズのミニカーです。待望のボッタス初のミニチャンプスモデルだったのですが、決勝に出走していないオーストラリアGP仕様と銘打たれたことにガッカリでした……。

前年リカルドと並びブレイクを果たしたボッタス。ミニカーを予約した開幕直前は、これが初優勝マシンになるのではないかと期待して申し込んだんですけどね。結果は開幕戦の欠場に始まり、期待を大きく裏切るシーズンとなってしまいました。開幕前後の期待値をピークに落ちていく彼のシーズンのトレンドは、この年から始まったのかもしれません。

フェラーリに2番手の地位を奪われ、後半にはライコネンとのシート争いにも敗れてしまいました。この年はマッサと五分五分の成績しか残せていなかったので、仕方がないと思いますが彼には災難の年だったでしょう。開幕戦で背骨を痛めて出鼻を挫かれたのか、これといった活躍を見せられずにシーズンを終えます。

去年の躍進があり、ロータスなど他チームからスポンサーを奪うことに成功しましたが、この年は満足な結果を残せずボッタスの個人スポンサーが離脱するニュースも出ていました。チームのエースとして、マッサをベンチマークに成長していく思惑があったと思いますが上手くいかなかったので仕方ないですね。この年に成績を落とさず前年並みを維持できていれば、スポンサーを維持してチームは売却を避けられたのかもしれません。

華々しい将来への憶測が飛び交っていた前半戦から一転、フェラーリのシートを獲得できなかった夏休み以降は目立った活躍もなく今後を不安視する声も出てきました。ロズベルグの電撃引退がなければ、このままウイリアムズとズルズル未勝利のままキャリアを伸ばす可能性が見えていたほどです。初優勝を期待して買ったマシンがわずか表彰台2回止まりという、残念な1台となってしまったのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました