2015年チャンピオン L.ハミルトン

World Champion Collectionメルセデス2015

セナに並ぶ3度目のタイトル

【ミニチャンプス メルセデスW06 L.ハミルトン アメリカGP 2015】
前年にシーズンを圧倒した勢いそのままに、2015年も支配したハミルトン。ライバルだったロズベルグの不調もあり、最終戦を待たずに王座を獲得します。 

全19戦で争われた2015年シーズン、レッドブルとフェラーリが打倒メルセデスを掲げドライバー体制を変更して挑みました。しかしハミルトンの勢いを止めるには至らず、スタート前からハミルトンの優勝をファンに確信させ、それが淡々と実現していく1年となります。

マレーシアGPやハンガリーGPでは復活したフェラーリのベッテルに破れ、モナコGPではチームの戦略ミスから首位を譲る憂き目に遭いました。しかしハミルトンの切り替えの早さもあってか、シーズンの大勢には影響せず残り3戦を残してのチャンピオン獲得となります。

フェラーリがPUを改良に成功しパワーの差が縮まってからは、シャシーの性能差が如実に表れるようになりました。FP1,2では常に新型パーツを投入するなど開発の手を緩めず、他チームに近寄る隙を与えません。また新規定2年目となったショートノーズはよりシャープになり、ルックスも格段に良くなりました。当時他チームが強度不足でこの仕様を再現できずアリクイノーズを採用していたことからもメルセデスの技術力の高さが伺えます。

力強く3度目のタイトルを獲得したハミルトン。しかしチャンピオンを決めた後の3戦はロズベルグの後塵を拝すことが多く、そのまま未勝利でシーズンを終えています。メルセデスがニコを勝たせようとしているという陰謀論や、ハミルトンのモチベーションの低下が報じられましたが真相はわからないままです。しかしこのロズベルグの連勝が2016年序盤も続いたことで、翌年はメルセデス史上最大のチームメイトバトルが繰り広げられることになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました