カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

メルセデス W01 M.シューマッハ

メルセデス 2010

意外と話題にならず

【ミニチャンプス メルセデスW01 M.シューマッハ 2010】

伝説のワークス、メルセデス復活に際して同郷の偉大なレジェンド、ミハエル・シューマッハも復帰を決意します。ハイドフェルドのシートを奪う形での参戦は大いに話題になりましが、盛り上がったのはシーズン前だけでした。

2009年のマッサの事故で代役として名が挙がり、F2007でテストを実施しつつも復帰は実現には至らなかったシューマッハ。このテストで再び燃え上がったのか、2010年のメルセデス復活に合わせて復帰しました。最近ロズベルグがこの経緯を語っていて、復帰を聞いた瞬間チームのすべてを彼に奪われると怯えあがったのだとか。

しかしいざレースが始まるとチーム初の表彰台を獲得したロズベルグとは対照的に、最高位4位でランキング9位という微妙な成績に。ワークス復帰とはいえ、前年優勝したブラウンGPのマシンを改修しての参戦だったのでトップチーム級の戦闘力とは至らなかったのですが、ロズベルグとポイントで倍の差をつけられていたので結構なバッシングを受けるかと思いました。しかし白熱するタイトル争いと各レースのトップ争いに隠れて彼がレースの話題になることはあまりありませんでしたね。

本家シルバーアロー復活となったW01。マットなシルバーとブラックを採用し、クロームシルバーのマクラーレンとの差別化が図られました。

ミニカーとしてメルセデスワークス化で最も残念なのはこの免許証みたいな特別台紙になってしまったことでしょう。2016年から黒ベースになりましたが、シルバーにシルバーを乗せるセンスがわかりません。ミニカー全然栄えないし……。

皇帝シューマッハと若手のホープだったロズベルグのWドイツ人体制はスポンサーの受けもよく、リーマンショックに逆行して参戦を決めるにはこれだけのインパクトが必要だったのでしょう。この時期はまだ将来的なベッテル獲得が噂されていましたが、結局はハミルトンがその席に収まりました。いずれにしても将来大物エースを据える予定で、シューマッハはそれまでスポンサー確保も含めた体制作りが期待されていたのでしょうね。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました