カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

トロロッソ STR5 J.アルグエルスアリ

アルファタウリ・トロロッソ 2010

トロロッソ初のオリジナルマシン

【ミニチャンプス トロロッソSTR5 J.アルグエルスアリ 2010】

規約変更によってレッドブルから図面提供を受けられなくなり、初めて独自開発されたSTR5。ベッテルがいた頃の輝きは完全に無くなり、以後数年はテールエンダーとなりました。 

昇格したベッテルの次の世代の候補として、2009年に当時史上最年少デビューを飾ったアルグエルスアリ。この年は3度ポイントを獲得しますがマシンに競争力がないため目立った活躍もなく、年齢的にもベッテルとそれほど変わらないのであまり注目されることはありませんでした。

そんなアルグエルスアリですが、個人的には年が近いこともあって応援しているドライバーでした。自分が18歳で高3だったときに19歳でデビューした彼を見て、ついに自分と同世代のF1ドライバーが出てきたと興奮したものです。この時から早10年、今では完全に年下世代がF1の中心です。時の流れは速いですねぇ……。

本家同様サイドポッドに大きくレッドブルのロゴが掲載されていますが、レッドブルは青、トロロッソは赤というカラー配分がありレーシングスーツまできれいに分けられていました。当時のレッドブル陣営は一方はトップチームでもう一方はテールエンダーとあって、育成のベッテルが大成したこともありいよいよトロロッソ売却かと騒がれましたものです。しかしなんてことはなく、その後もリカルド・フェルスタッペン・サインツとお宝を発掘し続けチームの存在意義を保っています。最近はもっぱら発掘というよりストッカー扱いですけどね。

遅いマシンで、組織には同世代にベッテルというとても困難な状況で戦ったアルグエルスアリ。多分同年代を意識した人でなければあまり覚えられていないドライバーかもしれません。翌2011年にチームと決定的な対立を引き起こすのですが、それはSTR6の紹介で。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました