フェラーリ F10 F.アロンソ

オリジナルモデル フェラーリ 2010

最初がピーク

【マテル フェラーリF10 F.アロンソ 2010】

マクラーレンでプライドに傷を負い、ルノーで2年間の都落ちを経験したアロンソが待望のトップチーム入り。華々しく1-2で開幕戦を制した時は、誰がこの先の展開を想像したことでしょう……。

名門のステータス、トップチームの開発力、優秀なタイトルスポンサー、言うことを聞くセカンドドライバーとすべてを手にした2010年のアロンソ様。ご祝儀に個人スポンサーからタイトルスポンサーに昇格したサンタンデール銀行からは「勝利を祝う親指」に1000万ユーロもの保険を掛けてもらうなど、華々しいムードでフェラーリとのキャリアは始まります。思えばハネムーン期間ってやつだったのでしょうか。

この後のアロンソ期のフェラーリにしては珍しく、F10は終盤まで優勝争いをできるマシンでしたよね。イタリアGPやシンガポールGP、韓国GPなど、印象深い勝利が後半に並びます。以降の年の後半戦は何とか表彰台のポイントで食つなぐ、じり貧の終盤ばかりでしたからねぇ。この年からのトレンドだったブロウンディフューザーの搭載にも成功し、十分にタイトルを狙えるマシンだったと思います。

ちなみにマテルミニカーとしてもアロンソ時代はこの年が一番出来が良かったです。マテルも新エースを迎え入れ、気合が入っていたのでしょうか。欠点のヘルメットもそれほど悪くなく、何よりマルボロのティザー広告のバーコードを最初からデカールで貼ってくれています。実写はサブリミナルだとして禁止されたんですけどね。なお、例によって成績とともにミニカーの出来も下降の一途を辿りました。マテルのマーケターは優秀だなぁ。

開幕戦を制し、母国スペインGPで2位、そしてイタリアGPでハットトリックとほぼ完璧ともいえるフェラーリデビューだったのですが、最終戦でウェバーに合わせて早めにピットしたことで遅いペトロフに引っ掛かり、策のないチームから「キミノーサイノウヲーシンジテイルー」という情けない無線を最後に終戦しました。ベッテルと同じく5勝を挙げたんですけどね。

しかし個人的にこの年タイトルを失った最大の失敗はモナコGPだと思っていて、絶好調だったのにも関わらずFP3で不意にクラッシュ、モノコックにダメージを受けモナコで予選に出られない致命傷を負いました。この時はフェラーリが好調でマッサが4位だっただけに、アロンソなら表彰台で楽々チャンピオンだったと思うんですけどねぇ……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました