カテゴリー
スポンサーリンク

マクラーレン MP4-25 J.バトン オーストリアGP

マクラーレン 2010

虎穴に入らずんば

【ミニチャンプス マクラーレンMP4-25 J.バトン オーストラリアGP 2010】

ブラウンGPで降って湧いたチャンスをものにした後、チャンピオンとして母国の名門マクラーレンに加入したバトン。絶対エースのハミルトン相手にやれるのかと世界中が懐疑的でしたが、結果は結構やれました。

移籍早々、第2戦オーストラリアGPで得意の雨絡みのレースを制してハミルトンより早く優勝を挙げ、続く第4戦中国GPでも同じようなコンディションのレースを制し前半戦で早くもハミルトンに十分勝てるとアピールに成功したバトン。中盤以降はじりじりと差をつけられて最終的なポイント差も1勝分以上とそこそこあったのですが、最初にいい印象を植え付けていたためそれほど悪く感じません。この辺がバトンの上手いところですよね。

タイトルを争った5人の中では最も少ない2勝で、かつ前半戦だけだったので中盤以降の活躍があまり記録に残りませんが、いい活躍をしたレースは結構あります。特にイタリアGPではアロンソと緊迫の首位争いを繰り広げました。ブリヂストンタイヤの性能が良くアロンソにオーバーカットされましたが、Fダクトを用いて高速モンツァでウイングを立てて戦うバトンは鮮明に印象に残っています。

そのFダクト、ハミルトンよりはバトンの方がうまく使えていたのか、モンツァのように使用が分かれる時は彼のみが使用していました。2008年に始まり、この年で禁止されるまでの大型背びれ時代を象徴する一台だと思います。

ところでバトンのMP4-25はオーストラリアGP優勝仕様のミニカーしか見たことがないのですが、通常のチェッカー仕様はあるんでしょうかね?

2016年まで7年も在籍することになったマクラーレンの初年度、やはり早期に結果を出すというのは大事で、シーズンの大半ハミルトンの後ろをぴったりついて走っていただけなのですが負けたという印象は少ないです。しかしながら突出して悪いのが韓国GPで、グリップが全くないと訴えノートラブルなのに12位完走と謎が残ります。他の4人が上位でタイトル争いを進めリタイアも出て盛り上がる中、一人後方でスピンしてくるくる回転。なんだったのでしょうね?

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました