マノー MRT05 E.オコン ベルギーGP

マノー・マルシャ 2016

新人らしからぬ落ち着き……?

【spark マノーMR05 E.オコン 2016】
2016年のベルギーGPでF1デビューしてからベテランのような落ち着きで1度もリタイアすることなく完走を続けたオコン。翌年にフォースインディアに移籍してからは堅実に連続ポイントを重ねており、デビュー当初は大人しいながらも質実剛健なドライバーなのかと思いましたね。

マノーでの半年間はルーキーイヤーであり、かつ弱小チームで走っていることから目立った活躍はありませんでした。それでもメディアから堅実に走り完走する様を褒められていて、安定してポイント獲得ができるマシンに乗った彼を速く見たかったものです。

その願いはすぐに叶い、オコンはわずか半年の実績で中堅の雄、フォースインディアに移籍。ウェーレインがなぜ自分ではなくオコンを採用したのか聞いたというニュースもありましたね。当時はウェーレインは怒りっぽく、逆にオコンは落ち着いていて献身性があるとの評価でしたが、いかに外野に見る目がないかということです。その後の2年間でオコンもすっかり牙をむき出しに戦うドライバーへと変貌しました。

チームの消滅の影響を受けてか、ラインナップされていながらオコンのデビューモデルは発売遅延を繰り返しました。最初の発売日から半年も待たされましたが、無事にリリースされてよかったです。
おそらくこれがこのチームの最後のモデルカーとなるのでしょう。ビアンキ、ウェーレイン、オコンのデビューマシンや、CFDのみで設計されたVR-01など弱小チームながら記録に残る、欲しくなるミニカーが数多くリリースされました。F1デビューでは目立たなかったドライバーたちも他のカテゴリで活躍中の人が多いので、市場価格は未だ高く根強い人気があるチームです。

さて、リチャード・ブロンソンの野心から始まったヴァージン・マルシャ・マノーチーム。名を変えオーナーを変え、7年間戦いましたが2016年でチームは解散しました。思えば2009年のオフテストでブラウンGPの速さに目をつけて始まったスポンサーが最初だったと思うと、ひょんなことからここまで大きなチームになったもんだと思います。
ヴァージンはVR-01を生み、マノーになってからは有望な新人を多く発掘しました。特にメルセデスと提携を始めた2016年からは本格的に新人請負チームとして生き残れる希望が見えていただけに、残念ですね。
当時は興味もなかった2010年の3チーム、弱小チームでありながら気づけば愛着が沸いています。こうして歴代の弱小チームも未だ人気を誇るのでしょうかねぇ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました