マノー MRT05 P.ウェーレイン

マノー・マルシャ 2016

秘蔵っ子デビュー

【スパーク マノーMR05 P.ウェーレイン 2016】
メルセデス育成の最有力候補として、DTM王座を引っ提げデビューしたウェーレイン。大物ルーキーの一人として注目を集め、それに恥じない成績も残しましたが、デビューからわずか数か月で将来に暗雲が立ち込めていた気がします。 

テールエンダーのマノーでしたが、メルセデスPUとウェーレインをセットで獲得し一気にメルセデスのジュニアチームに成長しました。最後尾が定位置だった昨年から、中団・下位チームとレースでバトルするまでに進歩します。 オーストリアGPではウェーレインが予選12位という好グリッドを獲得し、最終ラップのメルセデス同士討ちの混乱のうちにグティエレスを抜いて10位完走。チームにビアンキ以来となる貴重な1ポイントをもたらしました。 

その後もスパやモンツァなど高速サーキットで4度のQ2進出を果たし、無得点が続くザウバーと熾烈な10位争いを続けました。ブラジルGPの雨の混乱でザウバーに抜かれてしまいコンスト最下位に終わりましたが、数合わせのチームから本格的なF1チームへと歩みを進め始めた一年だったと思います。

デビュー以来続いた赤・黒・白のカラーリングを刷新し、メタリックなブルーカラーに。なんでこのカラーリングなのかよくわかりません。オレンジは無いほうがいいかな……。相変わらずすっかすかのボディですが、中盤からは民泊で話題のAirbnbなどスポンサーをいくつか獲得することができました。持ち込みだけでなくようやく走りでスポンサーを獲得できるまでになって、成長を見て取れたようでちょっと嬉しかったです。

チームを引っ張る活躍で、マノー躍進の原動力となったウェーレイン。しかし後半にオコンがチームメイトになってからはハリアントの時のように圧倒することができず、オコンはフォースインディア移籍を決めて先を越された形になってしまいました。
そこにニコの電撃引退で棚ぼた的にトップチームへ移籍を果たすかと思われましたが、まさかの育成元メルセデスからまだ早いとNG通達。ボッタスを獲得できなかった時のバックアップのような扱いだったのか、予想された通りザウバーへと移籍します。

レッドブルならフェルスタッペンのように市場に出る前に即昇格させると思うのですが、 メルセデスはそうしませんでしたよね。当時は2人ともフェルスタッペン級ではないとの評価なのでしょうか。彼らを切ってまで注力するラッセルの将来はいかに……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました