ハース VF-16 R.グロージャン

ハース2016

2016年のダークホース

【ミニチャンプス ハースVF-01 R.グロージャン 2016】
2010年以来6年ぶりの新規チームとして参入してきたハース。アメリカの名門メーカーがフェラーリと提携して参戦ということで多くの期待をされてのデビューでしたが、結果はいい意味で予想を大きく裏切るものでした。 

デビュー前から大多数がまともなチームだろうと思っていたハースですが、いきなりポイント争いに絡むかどうかは評価が割れるところだったと思います。それが開幕戦でいきなり6位、続くバーレーンGPでは5位フィニッシュを成し遂げて、前半戦の大きなサプライズとなりました。グロージャンは2戦連続DotDを獲得し、新生チームを牽引する見事な活躍を見せてくれました。

センセーショナルなデビューの印象が強く頻繁にポイントを獲得しているように思っていましたが、実は21戦で入賞5回とそれほど多くありません。そのほとんどが前半戦で、後半は母国アメリカGPでなんとか10位を獲ったのみ。開発で遅れたというよりもブレーキトラブルを筆頭にチームのミスで自滅した印象が多く、勿体なかったですね。

少し前のザウバーのようなカラーリングです。でも白いマシンはいいですね。活躍したからすぐ変わるんだろうなーと思っていたサイドのチームロゴですが、結局大きなスポンサーは付きませんでした。オーナーのハース氏もこれは予想していなかったようで、苦言していましたね。2020年時点でもまともなスポンサーは付かないわけですが……。

ワークスルノーのファーストの座を蹴って移籍し、チームをけん引する役割をしっかり果たしたグロージャン。オーナーもべた褒めでした。この年の彼は見事な活躍で、雇っておいて正解だったと言えるでしょう。しかしデビュー戦でチームが見せてくれた活躍の続きを未だに期待しているのですが、一向にその時は訪れませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました