アルファタウリAT01 角田裕毅 アブダビテスト

アルファタウリ・トロロッソ2020

あの希望をもう一度

【ミニチャンプス アルファタウリAT01 角田裕毅 アブダビテスト 2020】

現在のライセンスポイント制度の導入以降、初めて日本人がF1へステップアップすることになった昨2021年シーズン。その前年の2020年シーズンの彼のF2の戦いは、ハラハラするものでしたよね。

F2での彼の1年目は第2戦で早々にポールを獲得するなど華々しいデビューでしたが、そのレースで無線トラブルから勝利を逃すと本格的な優勝争いは中盤まで待つことになりました。F1昇格に必要なポイント獲得のためにはランキング4位以上が必須と言われていましたが、結果的には3勝を挙げ2位に1点差という僅差で3位を獲得し、晴れてF1への道を切り開きます。

個人的に特筆すべきだなと思うのは最終戦のバーレーンRdで、確か2連戦のうち最初の予選をスピンしてしまいノータイムという致命的な結果でほとんどポイントを取れなかったんですよね。昇格後の受け皿と目されていたレッドブルのマルコからも苦言を呈されるなど、あの時は本当に絶体絶命の状況でした。しかし2nd Rdではフューチャーレースで優勝、スプリントで2位というこの上ない大量得点でこの逆境を跳ね除けてくれました。本当に今までの日本人とは一味違う、強いドライバーが出てきたなととても嬉しくなった気持ちを覚えています。

無事にF1昇格も決まり、ご褒美のF1シーズン後のアブダビテストで来年のドライバーとしてエントリーした角田。小林可夢偉以来7年振りの日本人ドライバーであり、日系メーカーのホンダだけではなくレッドブルからの支援も受けるなど、近年のドライバーの中では非常に手厚いサポートと共にデビューすることが出来ました。金銭的なサポートを期待できない日本の経済事情ですから、腕を見込んでチーム側から育成に組み込んでくれたのは大きいですよね。

その後の出来事は皆さんのご承知の通り、大成功のデビュー戦から長いトンネルを抜け、復活のアブダビGPという波乱万丈の戦いになったデビューイヤーでした。2年目の今年はマシンの不調もあり目立った成績が残せていませんが、この時に感じた、デビュー前の希望を忘れずに、いつか大きな記録を残してくれるものと信じて応援を続けていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました