レッドブルRB16B M.フェルスタッペン

レッドブル2021

激戦の始まり

【ミニチャンプス レッドブルRB16B M.フェルスタッペン エミリア・ロマーニャGP 2021】

開幕戦をあと一歩のところで勝てなかったフェルスタッペンですが、2020年の大差の敗北から見事なリカバリーを果たしました。そして2021年の2戦目、王座争いに名乗りを挙げるシーズン初優勝を果たします。

小雨の降る中スタートダッシュを決めると完全なドライビングでシーズン初勝利を決めたフェルスタッペン。スピンとクラッシュのミスをSC赤旗で助けられたハミルトンが上位にカムバックしたことで選手権のリードとはなりませんでしたが、タイトル争いのライバルに名乗りをあげるには十分の力強い一勝でしたね。

エミリア・ロマーニャGP仕様と銘打ってあるのでてっきりインターを履いているのかと思いましたが、こちらはレース後半のミディアム仕様。インターはフェルスタッペン別注限定とのことでした。これからマックスのマシンは通常版を買っても希望の仕様にならないことに注意が必要ですね。一台くらいはこの通常仕様も抑えておきたいのですが……。

RB16Bは近年リリースされたF1マシンの中では最もバリエーション豊富に展開される1台でしょう。私もミニチャンプスだけで9台も予約しています。スパークまで手を出すと、一体何種類出ているの・・・?って感じです。まぁ、それだけみんな思い入れのあるレースを一年間繰り広げてくれましたからね。

F1ミニカーは年々値上がりしていますが、この複雑怪奇なバージボード周りを見せられるとそれも納得してしまいますね。1/43ですからねこれ。2021年マシンはこの規定での最後のマシンということもあって、各チームの最終形態が見ごたえあるシーズンでもありました。コロナ禍でマシンの大半部分が前年からキャリーされているとはいえ、1年間開発競争が止まらなかったのはさすがF1というシーズンでしたね。

スタート直後、ハミルトンの横を一閃で抜き去った時は、これがあのアブダビに続く大激戦の始まりになるとは思いもしませんでした。2021年シーズンはそれぞれのGP仕様のミニカーと共に、思い出深く語っていける1年になりそうです。

あと、今年で復活して3年目のイモラサーキットが定着しつつあるのが嬉しいですね!やっぱりここはカレンダーに残してほしいし、フェラーリの強いシーズンならなおさらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました