カテゴリー

マクラーレン MP4-29 J.バトン オーストラリアGP

マクラーレン 2014

移行期という言い訳

【ミニチャンプス マクラーレンMP4-29 J.バトン 2014】
1995年から20年も続いたマクラーレン・メルセデスのパートナーシップ最後の年。翌年のホンダへのスイッチが事前に発表され、PUはワークスのメルセデスはもちろん、カスタマーのウイリアムズやフォースインディアにも劣る仕様だったと噂されます。 

開幕戦オーストラリアGPではリカルドの失格で繰り上がりで3位を獲得。マグヌッセンの2位と合わせ、マクラーレンは昨年サインツがブラジルGPで初の表彰台を獲得するまでこれが最後のポディウムとなっていました。バトンにとっては最後の表彰台ですが、事後の繰り上がりだったので残念ながら登壇できていないんですよね。

ブロッカーサスペンションなど試行錯誤をしたものの目立った成果はなく、後半戦こそポイント上位を争い戦いましたが、13年に続き名門は復調できないままでした。翌年は更に悪化するのですけど。PUのパワーが物をいう時代で、ワークスと同じPUでも多くのデータを開示されないというのは大きな痛手だったのだろうと思います。そんなわけで、この年は言い訳つきますよね。

13年末から話題になっていた、タイトルスポンサー・ボーダフォンの後任問題。テストは暫定カラーでお茶を濁し、開幕戦もこのMobil1とのパートナーシップ20周年記念カラーでやり過ごしましたが、結局スポンサーは確保できませんでした。シーズンを通してサイドのロゴは色々変わってミニカーもいくつか出ていますが、このMobil1仕様が一番好きですね。印象に残っているのはイエローのSAPなんですけども。

マグヌッセンの荒いけど勢いのある走りに押され気味だったバトンですが、父親を無くしてヘルメットをピンクに変えてからは、別人のように力強い走りを見せました。イギリスGPでは最後の最後まで表彰台を掴もうとリカルドを追いかけた姿が印象的ですね。翌年に向けてはアロンソの復帰でシート喪失の危機もありましたが、無事に維持に成功します。実力云々より当時の深刻なスポンサー事情を鑑みての結果だったのかもしれませんが、後のホンダとの地獄の2年を思うと雇っておいて大正解でしたよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました