カテゴリー
スポンサーリンク

フェラーリ F14T K.ライコネン

オリジナルモデル フェラーリ 2014

どこを走っていたでしょう?

【マテル フェラーリF14T K.ライコネン 2014】

アロンソ&ライコネンという00年代を見ていた人にとってはドリームタッグが、なんとフェラーリで実現したこの年。ドリームチームとなるはずだったのですが…。

マッサに変えてロータスで再び実力を示していたライコネンを呼び戻した2014年のフェラーリ。アロンソ採用時に両立はし得ないとして放出した過去がありますが、レッドブルへの連敗で背に腹は代えられず再雇用です。思えばWチャンピオン体制が誕生したリリース時が期待のピークでした。

ハイブリッドエンジン搭載に伴い導入された回生ブレーキとその調節を行うBBWにライコネンは苦しめられ、適応できないまま中団で戦う時間がとにかく長かったですね。アロンソが何とか表彰台を、と前線で奮闘する一方、ライコネンは国際映像に映ることもままならずどこを走っているのかわからない時間がほとんどでした。

結果をみても最高位4位、ランキング12位というフェラーリらしからぬ結果でシーズンを終えます。しかし本当にどこを走っていたのでしょうか、記憶が全然ありません。唯一はっきり覚えているのはイギリスGPでコースオフからスピン、大クラッシュを起こしレースを中断させたことでしょうか。後方スタートからコースオフして復帰の際に縁石でスピンしてクラッシュって、ルーキーレベルですよね…。

アロンソがこの年限りでフェラーリを離脱したため、このドリームチームは1年限りで終わってしまいました。その後ベッテルが加入してからはすっかりお世話係みたいなポジションで、まともに優勝争いをさせてもらえません。悲しいかな、便利屋みたいな扱いをフェラーリで受けることになってしまいます。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました