メルセデス W05 N.ロズベルグ

オリジナルモデル メルセデス 2014

一応のタイトル争い

【ミニチャンプス メルセデスW05 N.ロズベルグ 2014】

06年のデビューから苦節9年、ようやくタイトルを争えるマシンを手にしたロズベルグ。開幕戦を勝利してもオッズはもっぱらハミルトンでしたが、最終戦までタイトルの可能性を残すほどの戦いぶりは見せました。

とはいえ別に際立った戦いを見せたわけではなく、19戦中わずか5勝とメルセデスとしては少ないです。対して2位は10回と、マシンによって約束された順位まで淡々とレースしていたような感じは否めませんね。

2014年は前年までのベッテル圧勝劇を受け、最終戦ポイント2倍というトンデモルールが制定されていたので、このルールによって彼にも戴冠の可能性は大いにありました。結果的にはマシントラブルで無得点に終わりますが、もしこのルールによってチャンピオンになっていたらその後のバッシングはひどいものだったでしょうねぇ。

唯一「おっ、やるな」と思わせられたのはやはりバーレーンGPでしょう。各チームPUマシンに慣れて攻めた走りが見られ、随所でバトルが見られる2014年ベストのレースでした。最近もF1公式から過去のベストレースとしてハイライトされていましたね。

そのバーレーンGPではハミルトンと熾烈に首位を争うも、あと一歩のツメの甘さが出たような抜かれ方でハミルトンに勝利を譲ります。レース後の控室では悔しさを露骨に表していましたが、このころはまだ険悪な雰囲気はなかったですね。ハミルトンと戦った3年のうちの1年目、タイトル争いの体験コースをしているような一年に見えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました