メルセデス W05 L.ハミルトン

オリジナルモデル メルセデス 2014

新時代

【ミニチャンプス メルセデスW05 L.ハミルトン 2014】

パワーユニット規定が導入された最初の年の2014年、メルセデスPUの性能は他を凌駕し、ワークス2人だけの優勝争いになりました。そんな支配的なシーズンにも関わらず、相も変わらず免許証のようなデザインでミニカーが発売されたので自作して差し替えです。

2014年はとにかく酷いシーズンで、勢力図もメルセデス一強、マシンも醜いアリクイノーズが流行と内容もつまらなければ見た目もひどいというシーズンで、スペインGPでは06年から見始めて初めて途中見るのをやめました。

あと音もひどかったですね。中継ではまったくエンジン音が聞こえませんでした。その後は配管やマイクの位置などで現在のようにそれなりに聞こえるようになりましたが、初期はラッパ型のエキゾーストがこのメルセデスによって実際に試されるなど迷走していましたね。

そんな中、見た目も強さもとにかく一番ベストだったのがメルセデス。W05は強すぎるあまり支配的過ぎて詰まらなかったのですが、当時のF1のアイコンとしてブランドイメージを保つのに一役かっていたと思います。

パワーユニット導入によって頭一つ抜けた存在となり、それまでの勢力図を上書きするように支配者となったメルセデス。2014年以降のF1はまさに彼らを中心とする新時代となっています。

しかしF1へのハイブリッドの導入が世間より4~5年遅れていたとはいえ、2020年の現在世間はもっぱら電気自動車一色です。昨今のコロナショックへの対策で一気にリソースを電気に振り切るメーカーが現れるかもしれませんね。ようやくF1に馴染んできたハイブリッドですが10年もしないうちに時代遅れになりつつあるとは、もはや本当にF1は自動車の中心にはいないんですねぇ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました