1/64 アオシマ ウイリアムズシリーズ

チームウイリアムズ19871996199419931992

1/64シリーズ、ウイリアムズだけは京商のサークルKシリーズではなく、アオシマからリリースされました。台座が少し低いだけで、その他はそんなに変わりませんね。

1カートンで全車種両ドライバー揃いますが、シークレットとしてレアが1車種用意されています。

【ウイリアムズFW18 D.ヒル 1996】

ヒルのチャンピオン獲得マシンです。このシリーズは96年が最新モデル。これ以降ウイリアムズが華やいだ時代はなかったですからね……。

【ウイリアムズFW18 J.ヴィルヌーブ 1996】

こちらはヴィルヌーブのデビューマシン。初年度から大活躍で、あわやのデビュー戦優勝からチャンピオン争いまでを経験、翌年のタイトルに繋げました。地味に1/43で持ってないです。

【ウイリアムズFW16 D.ヒル サンマリノGP 1994】

プロストの勝ち逃げで再びカーナンバー1が空位となり2年連続ナンバー0を掲げたヒルです。FW16のヒルはこの後タイトル争いに絡むので、1/43をしっかり押さえています。

【ウイリアムズFW16 A.セナ サンマリノGP 1994】

ミニチャンプスですらリリースを控えたセナのサンマリノGP仕様。1/64ではリリースされています。ちなみにシークレットのレアモデル入りのカートンでは、このマシンがパシフィックGP仕様になっているのだとか。どっちがいいんでしょうかね。

【ウイリアムズFW15C D.ヒル モナコGP 1993】

2位獲得のモナコGP仕様。リアウイングが二重になっています。1-2とかではないので、わざわざラインナップされると話題に困る一台ですね。

【ウイリアムズFW15C A.プロスト モナコGP 1993】

こちらはプロスト車。なんと4位で表彰台すら獲得していません。これをラインナップするなら他にあったんじゃないかなぁ。

【ウイリアムズFW15C D.ヒル 1993】

こちらは通常仕様のFW15C。なんと計4台もラインナップです。ヒルはこの年3連勝を挙げ、3連勝したドライバーは後に必ずチャンピオンになるというジンクスの一部となります。

【ウイリアムズFW15C A.プロスト 1993】

プロスト通常版。チャンピオンマシンとしての印象が強いですね。まぁでも、やっぱり4台ラインナップはちと多すぎます。

【ウイリアムズFW14B N.マンセル 1992】

続いてはお約束のFW14Bマンセル車。この辺はウイリアムズの黄金期ですもんね。1/64でも、フロントノーズ付近のでっぱりはしっかり再現されています。

【ウイリアムズFW14B R.パトレーゼ 1992】

こちらはパトレーゼ。優秀なセカンドとして、6度の1-2でタイトルに貢献しました。そういえばパトレーゼの1/43って一台もないなぁ。

【ウイリアムズFW11B N.マンセル 1987】

ウイリアムズ・ホンダのタッグが最初にタイトルをとった1987年のマシン。マンセルは残念ながら鈴鹿の予選のクラッシュで、決勝を待たずに終戦となってしまいましたね。

【ウイリアムズFW11B N.ピケ 1987】

こちらはチャンピオンになったピケ。まぁこれも定番で、今更語ることもないですね。

ウイリアムズはラインナップが80年代後半から90年代前半に集中してしまっています。これ以外にこの面子に組み込めそうなのはFW19ですがFW18と変わり映えしないので、いっそFW07が入っていれば一気に幅広くなっただろうなという印象です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました