1962年チャンピオン G.ヒル

World Champion Collection BRM 1962

イギリスの年

【スパーク BRM P57 G.ヒル 1962】

前年から導入された1.5Lエンジン規定に対応が遅れた英国勢ですが、この年は一転してシーズンの主役に躍り出ます。前年王者フェラーリは1勝も挙げることができず、BRMとロータスが勝利を分け合います。

全9戦中5戦の有効ポイント制で争われた1962年シーズンは、BRMのエース、グラハム・ヒルが4勝を挙げてシーズンを制します。開幕戦で初優勝をすると、後半戦は4戦3勝という強さを見せました。対抗馬はこの年初優勝を挙げたロータスのクラーク、クーパーのマクラーレンらでしたが、いずれもヒルの勝利数には及びませんでした。

新興英国勢が躍進し、後の名門ブラバムチームが参戦を開始した一方、最後の50年代の名手スターリング・モスが引退を発表します。シーズン前のスポーツカーレースの事故による後遺症が決め手となり、この年は参戦することなくF1を去りました。イギリスはトップドライバーを失いますが、後に参戦する数々の英国コンストラクターや開花しつつあったジム・クラークらの活躍によってF1での英国の地位は確固たるものになっていきます。

P57はロータス25同様モノコックシャシーを適用したマシンとして、突如チームに競争力をもたらしました。ブリティッシュグリーンの生えるきれいなマシンです。

スパークではかなり初期に作られたモデルのようで、入手が非常に困難です。中古価格も2万弱ほどするのですが、そもそもなかなかお目にかかれない1台です。全マシンの中では2,3番目くらいにレアモデルではないかと思います。

ダブルタイトルでシーズンを制したBRMは1956年の参戦開始から最も良い成績を収め、1977年の撤退までこの年の4勝がチームの最高成績となりました。このマシン投入前後の戦績を見ると、P57がいかに優れた名車であるかが伺えます。

50年代後半から参戦してきたヒルは、初優勝の勢いそのままに初のタイトルを獲得しました。その後翌年から3年間ドライバーズ2位という辛酸を舐め、P57の競争力低下とともにチームを離れロータスへ移籍します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました