カテゴリー
スポンサーリンク

2013年チャンピオン S.ベッテル

World Champion Collection レッドブル 2013

完成されたベッテル

【ミニチャンプス レッドブルRB9 S.ベッテル ドイツGP 2013】
50年代のファンジオ、00年代のシューマッハに次いで、史上最年少で4連覇を達成したベッテル。トロロッソ時代から始まったレッドブルとのサクセスストーリーの最終章です。 

全19戦で争われた2013年シーズン、ピレリのタイヤ仕様変更によって前半戦はレッドブル・フェラーリ・ロータスの三つ巴の争いとなりました。2011年の母国ニュルブルクリンクでは最速マシンを手にしながら自身のミスで表彰台すら逃したベッテルですが、その教訓を活かして最速ではない当時のRB8を操り交互に襲い掛かるロータス2台の猛攻に耐え、母国ドイツGPで念願の初優勝を挙げました。ベッテルのベストレースの1つなのではないでしょうか。

タイヤの仕様変更が行われた後半戦は勢力図が一転し、レッドブルが再び支配的な速さを取り戻し、ベッテルは後半戦9連勝という偉業を成し遂げました。A.アスカリと並ぶ最多連勝タイ記録ですが、シーズン中の9連勝達成は彼が唯一です。現在はメルセデスペアの連戦連勝に隠れていますが、ベッテル一人が勝ち続けたことはいかに驚異的なことだったでしょうか。

この年からインフィニティがタイトルスポンサーとなり、パープルが増したレッドブルのカラーリング。RB9は前年のタイトル争いが長引いたため開発に遅れが生じていたといわれ、ニューエイも妥協を強いられたとコメントしていますが、結果は19戦13勝と圧倒的な速さを保ち続けました。

4連覇&9連勝と、歴史的な大記録を再び達成したベッテル。2013年は07年のトロロッソデビューから始まったレッドブルとのキャリアの集大成といえます。最後の9連勝は先行逃げ切りを得意とする彼の真骨頂が発揮されたレースばかりでした。しかしそんな蜜月の日々にも終わりが訪れ、翌2014年の不振を経て、レッドブルと袂を分かち慕う母国の英雄を追ってフェラーリへと移籍します。
最速マシンを手にし、先行逃げ切り型で勝利を重ねたベッテルはバトルやプレッシャーに弱いという評判もありましたが、母国ドイツGPでの走りを見るとそんな批判は払しょくされ、強さと速さを兼ね備えたベッテルの完成形が最後にタイトルを獲得した2013年シーズンだったと思います。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました