カテゴリー
スポンサーリンク

2020 ロシアGP 感想

GP感想

まぁ、つまらないのはわかっていたことなので

ハミルトンのペナルティでボッタスが開幕戦以来の優勝。ここまでが長すぎました。しかしペナルティがレースを左右する展開が最近多いですね。特定のチームを狙ったルール改正よりもペナルティ攻勢でレースが決まるほうが冷めてしまいます。一応ディレクターは一貫性をまだ保っていますが、その基準が厳しすぎる気もしますよね。もっと厳しくするべき安全対策周りとかありそうですけれど。

サインツは珍しく酷い自責リタイアです。フェラーリ移籍が決まり来年の苦戦が予想される中、イタリアGPで優勝を逃してからはトスカーナGPのリスタートといい、焦りが感じられます。はぁ、ほんとなんでマクラーレンを離脱しちゃうんでしょうか……。

好調ルノーはダブルポイント獲得で、いよいよワークスとしての存在感が出てきましたね、リカルドだけでなくオコンもポイント争いのキーマンになりつつあります。来年にアロンソをを迎え入れる準備は着々と進んでいるようです。こういう上り調子のチームは見ていて楽しいですね。そしてベッテルには、サインツとは逆に明るい未来が待っていますから、あまり気負わず悠々と残りのフェラーリライフを過ごしてほしいくらいです。

前評判通りつまらないレースとなったロシアGPですが、次からは期待のニュル・アルガルヴェ・イモラです。走っているのを見ているだけでも楽しいレースが続きそうですね。今回はまぁ、箸休めってことで。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました