マクラーレン MP4-30 F.アロンソ

マクラーレン2015

最悪の滑り出し

【ミニチャンプス マクラーレンMP4-30 F.アロンソ 中国GP 2015】
マクラーレンホンダの復活とあって話題を呼んだこのマシン。その後の深刻な不振からミニカーも売れなかったのか、アロンソの前半戦カラー仕様は発売が遅れましたね。そのため人気が無かったのかほぼ半額で売られていました。世が世ならプレミアものだったかもしれません。

オフシーズンのテストではまともに走れず、アロンソはテスト中の事故で開幕戦欠場と、新生マクラーレンホンダの船出は困難を極めました。さすがに出走していない開幕戦モデルは作れず、中国GP仕様となっています。一応彼の移籍後初完走GPです。

マクラーレン最後のクロームカラーとなったこちらのマシン。面積は減ってもやはりミニカーでは栄えますね。中盤戦以降のブラックを中心としたカラーリングがマクラーレンホンダとしては走った時期が最も長いマシンなのですが、初年度といえばこのマシンの印象が強いです。

ポイントを獲得することができなかったMP4-30の前半戦仕様。レース中継で映ることはほとんどなかったのですが、印象に残るのは雑誌やウェブでの宣伝を山ほど見たからなのでしょうかね。うーん、テストの事故の記憶しかないなぁ。

とにかくスタートで出遅れたマクラーレンホンダ、スタートラインが何本も後ろだったような状態です。14年のフェラーリの不振に嘆いたアロンソは、このマシンに乗って何を思ったことでしょうか。このくらいの時期はまだ、それでも後半にはポイント争いができていて翌年には1回くらい表彰台に登れるかな、なんて期待があったんですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました