カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

HRT F112 P.デラロサ モナコGP

HRT 2012

スパークで一番お気に入り

【スパーク  HRT F112 P.デラロサ 2012】

弱小HRTの最後のマシンです。フォースインディア初期のカラーリングを思い起こさせ、カーティケヤンのスポンサーに媚媚じゃないかと好きじゃなかったのですが、ミニカーの塗装は艶よく綺麗で味があります。 

2年連続予選落ちで開幕を迎えたHRT。最後の年はチームと同郷のデラロサを採用しますが、絶望的にマネーが足りず撤退を余儀なくされました。フロントウイングもレギュレーション変更初年度の2009年のようなシンプルで、モンツァでも特殊仕様を作れなかったくらいですから、マシンは2010年のデビューから大したアップデートがされていなかったんでしょうね。

国際映像に映ることも滅多になく記憶に残らないマシンですが、この年鈴鹿で走った最初のマシンがこのF112だった記憶があります。初めて見た走るF1マシンに感動し、最下位チームでもF1ならではの迫力があるものだなと興奮したものの、続々コースインする上位チームを見ているうちにそれはすぐ消え去ったのでした。

当時はまじまじと見ることがなかったこのマシンのカラーですが、今見るといいデザインです。F110のカラーがひどすぎたので、F111以降はせめてデザインだけでも、とかこだわっていたんでしょうかね。チーム撤退後このマシンはピレリに売却され、ショーカーとして何度か使われていた気がします。

潰れるべくして生まれたかのようなHRTチームですが、セナとリカルドをデビューさせ、F111のカラーリングを生み出したのは功績と言っていいでしょう。なぜかこのミニカーの塗装は艶がよく、他のスパークのミニカーと比べても仕上がりがとても綺麗です。F111と同じく、超弱小チームながらスパークモデルの中でお気に入りの2台になったのでした。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました