マクラーレン MCL32 S.バンドーン

マクラーレン2017

政治に殺された男

【ミニチャンプス マクラーレンMCL32 S.バンドーン 2017】

ハミルトンに並ぶ逸材の育成ドライバーとして、大物ルーキーのデビューだとマクラーレンから大々的に宣伝されたバンドーン。しかしそのキャリアは当時のチームの混乱によって儚くも散ってしまうのでした。

2016年にアロンソの代役でスポット参戦をしてポイントを獲得すると、バンドーンは期待の大物ルーキーとして一躍注目の的になりました。フェルスタッペン並みの逸材として、マグヌッセンを亡き者にしてまでハミルトンと比較して大々的に宣伝をされた彼でしたが、悲しいかなデビューマシンが失敗作のMCL32となってしまい、センセーショナルなフルシーズンデビューとはなりませんでした。

わずか3度のポイント獲得が彼のファーストシーズンの戦績であり、2度の7位フィニッシュがベストリザルトとなりました。その前振りを思えば失望の一年でしたが、翌年の更なるチームの低迷とその後の首脳陣の交代、そして後ろ盾を失ってからのシート喪失が待ち構えている彼にとっては、悲しいかなこの7位がキャリアのベストリザルトとなっています。

バンドーンのデビューのプロモーションの一環として、アマゾンプライムで彼のデビューに密着した「グランプリ・ドライバー」という番組が制作されました。第1話は彼のレースへの準備に密着したドキュメンタリーだったのですが、その後のチームの成績不振を経て番組は方針を大幅変更。マクラーレンとホンダの決別がクライマックスに据えられ、バンドーンのキャリアはすっかり構成外となってしまったのでした。

2017-2018年というマクラーレン史上稀に見ぬ暗黒期でキャリアを終えてしまったバンドーン。下位カテゴリの実績を見れば間違いなく被害者を名乗ってよいでしょう。17年のホンダとの決別、18年の体制変更は粛清ともいえる改革で、ドライバーも含めて新体制への移行を余儀なくされてしまいました。実績あるアロンソは引退という花道が用意されましたが、まだ2年目のバンドーンはその実力を披露する機会も得られぬまま、あっけなくF1のキャリアを終えてしまうことになります。

まだ若いので現在はメルセデスリザーブを兼任しながらフォーミュラEを主戦場に戦っていいるバンドーン。こちらのシリーズでは活躍しているものの、ラッセルが優先された過去を見るとF1復帰は厳しいのでしょうね……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました