カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マクラーレン M2B B.マクラーレン

マクラーレン 1966

名門の船出

【スパーク マクラーレンM2B B.マクラーレン モナコGP 1966】

フェラーリに次ぐF1不動の名門として長い歴史を持つマクラーレンですが、チームとしての参戦は1966年の第2戦モナコGPから始まりました。

1959年、当時のF1で最速チームだったクーパーからデビューしたマクラーレンは、その年の最終戦で初優勝を果たしました。これは2003年にアロンソが更新するまで43年間維持された最年少優勝記録で、参戦当初から頭角を現します。

エースのブラバムが自身の名を冠したチームを設立して独立したのを期にクーパーのエースとなりますが、ミッドシップレイアウト以降イノベーションに枯渇したチームは成績が低迷します。これによりマクラーレンもブラバムに倣って、クーパーを離脱し自身の名を冠したマクラーレンを立ち上げました。

1966年から導入された3Lエンジン規定に苦しみ、参戦初年度はわずか2度のポイント獲得に留まりました。翌年もリタイアが続きますが、1968年に名エンジンコスワースDFVを獲得すると自身によってマクラーレンチームとしての初優勝を挙げています。

オーナードライバーとなったブルースはその後もコンスタントに表彰台を重ね、チームの成績も上昇してきます。しかしその最中、1970年ブルースはスポーツカーテスト中の事故によって他界してしまいます。

舵取りを失ったマクラーレンチームですが、ブルースと同郷で友人だったチャンピオンドライバー、ハルムがチームを牽引します。1972年にはヤードレーのタイトルスポンサーを獲得し、ブルースの事故から4年後の1974年にはフィッティパルディによって初のドライバーズタイトルを獲得するなど、今日に至る名門としての実績を積み上げていくのでした。

近年は成績不振に苦しみ、経営不振のニュースも話題になるマクラーレンですがこうして歴史を知るとF1にとって失ってはならないものだと思います。何とかこの苦境を乗り越えてほしいですね。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました