カテゴリー
スポンサーリンク

レッドブル RB15 M.フェルスタッペン オーストリアGP

レッドブル 2019

あとはタイトルを取るだけ

【ミニチャンプス レッドブルRB15 M.フェルスタッペン オーストリアGP 2019】

昨年の予約開始から一年近く経ちましたが、待ってでも欲しかったのがこのモデル。2019年に挙げた3勝のうち、最もマックスらしさが出たのがこのレースです。この年を語る上で、このオーストリアGP優勝モデルは外せません。

前半戦はメルセデスに次ぐ2番手の座を確保しながらも、完璧ともいえるレース運びを続ける彼らの前にチャンスはありませんでした。しかしメルセデスが苦手とするオーストリアGPで、チャンスを見事に掴みます。タイヤ戦略の差で一時トップから引き離されながらも、終盤の近年稀に見る怒涛の追い上げで優勝をもぎ取りました。リバースグリッド導入で人工的なこのレースの再現が議論されましたが、こうした展開は滅多に起こらないからこそ価値があるものですよね。

後半のホンダパワーを生かした追い上げが注目されますが、このレースはまるでマックスが勝つために物事が進んでいたようでしたよね。ハミルトンは縁石にヒットして後退、ベッテルはピットインの交信ミス、ボッタスとガスリーは……まぁいつも通りに遅く、ライバルの脱落が続いていきました。残るルクレールもタイヤに苦しみ、マックスに当てられながら初優勝を逃しています。

例年通りレーキ角をたっぷり付けたRB15。ホンダエンジン搭載初年度ながらトロロッソの経験が生きたのか、致命的なトラブルはなく順調に進歩を続けていきました。前半戦は明らかなメルセデスの対抗馬でしたし、フェラーリが急に力をつけた後半戦は焦りからか稚拙なミスも出ましたが、変わらず優勝候補のままでした。コンビ結成一年目としては上々の滑り出しだったのではないでしょうか。

リカルドの離脱で名実ともに唯一無二のエースとしてチームをけん引したフェルスタッペン。ランキングもついに3位を獲得し、第3の男としてのポジションを確立しました。こうなると後はとんとん拍子に進むので、2020年シーズンはついにタイトルを取るのではないかと思っています。

今年の経験からハミルトンともしっかり戦うことができますし、ボッタスはもやはコース上では敵ではないでしょう。抜きん出たマシンがなくとも全てのレースでメルセデスに挑むチャンスがしっかりあれば、戴冠の可能性はかなり高いのではないでしょうか。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました