ルノー R.S.18 N.ヒュルケンベルグ

チームアルピーヌ・ルノー2018

地味ながら最高位

【ミニチャンプス ルノーR.S.18 N.ヒュルケンベルグ 2018】

ワークスルノー2年目となった2018年、安定した体制は派手さはなくとも堅実にポイントを稼ぐには十分で、ヒュルケンベルグは自己最高位のランキング7位を獲得します。

シーズン中11戦のポイント獲得と安定した成績を残したヒュルケンベルグ。リカルドの陰に隠れていますがこちらもリタイアが7度と多く、取れるところではしっかりポイントを獲得していた堅実なシーズンという印象ですね。

13戦入賞のサインツと合わせコンスト4位まで押し上げる原動力となりましたが、ともに最高位は5位と表彰台には手の届かないシーズンとなりました。最も堅実なシーズンを過ごしながらも3強の壁が厚く、悲願のポディウムには手が届かないという巡り合わせの悪さでした。

R.S.18は堅実ながら地味、というヒュルケンベルグのキャリアを体現したかのようなマシンで、安定して入賞をしたレースが多くありながらあまり印象に残るマシンではありませんでした。前年からカラーリングに目立った変更もなく、ワークスチームとしては存在感があまりにも足りない1年でしたよね。

サインツとどっこいどっこいの成績を残したことでワークスチームのエース足りうる存在であることを証明したヒュルケンベルグでしたが、翌年にリカルドが加入すると優勝経験者との差が歴然となり、彼のキャリアは瞬く間に絶たれてしまうのでした。

キャリアの分岐点となったこのシーズン、何かを手にするにはあまりに堅実、というか迫力がたりないシーズンでしたねぇ……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました