マクラーレン MCL33 F.アロンソ アブダビGP

チームマクラーレン2018

不完全燃焼

【ミニチャンプス マクラーレンMCL33 F.アロンソ アブダビGP 2018】

一度目の引退を表明して臨んだ2018年最終戦アブダビGP。マクラーレンはスペシャルカラーで送り出しますが、今思えば送別というよりは厄払いだったのかもしれません。

一向に競争力が上がらないマシンにイラつきF1への興味を失ったアロンソ。アメリカGPではスタート直後の接触でこんな奴らとレースなんかできない!と声を荒げるなど、もうF1での全ての出来事が彼のレースへの欲求を満たしてくれないことが明らかな状態で迎えた最終戦でした。

一方でマクラーレンチームの方も、チョコバーゲートと共に明らかになった強権的な上層部「アンタッチャブルズ」の存在が発覚し、組織として機能していないことが明らかになります。誰もアロンソを管理できない状態で、チームは必死に送別ムードを醸し出しつつもドライバーも含め体制を刷新しないことにはこの先を生き残れないことは明確でした。

そんな泥沼な送別レースでしたが、このカラーリングは素晴らしいですよね。アロンソといえばこの三色で、彼の引退マシンとしてこの上ないデザインだったと思います。一方で同じくF1最終戦となったバンドーンは特に何もなし。うーん、ヒエラルキーがすごいですね。

最終戦を迎えた時点でアロンソの通算獲得ポイントは1,899点で、残り1点を獲得し1,900の大台に乗せることが最後の目標でした。レース終盤11位を走行しあと1台のオーバーテイクでこの目標を達成できるところでしたが、前を走るハースのマグヌッセンとの差が縮まりません。アロンソはペナルティ上等でショートカットを繰り返す執念の追い上げを見せましたが結果は実りませんでした。

レース後にはハミルトンとベッテルという同じチャンピオン達に囲まれてドーナツターンを披露しましたが、決して満足いく結果ではなかったのでしょうね。次の引退が本当に最後のお別れになると思うので、思う存分燃え尽きてF1を去ってほしいなぁと切に思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました