1985年チャンピオン A.プロスト

World Champion Collection マクラーレン 1985

世代交代

【ミニチャンプス マクラーレンMP4/2B A.プロスト 1985】

前年を支配したマクラーレンですがこの年はフェラーリが台頭。アスカリ以来32年振りとなるイタリア人王者を目指したアルボレートとの死闘が始まります。

全16戦中11戦の有効ポイント制で争われた1985年シーズン。前年王者ラウダがトラブルにより11戦リタイアという不振に陥ると、初のタイトルを目指すプロストがチームを牽引。対抗馬となったのはターボエンジンの改良に成功したフェラーリ・アルボレートでした。

第10戦オーストリアGPを終えた時点で両者リタイアや失格を除いてすべて表彰台圏内でフィニッシュするというハイレベルな戦いになった1985年シーズンですが、フェラーリがお膝元のイタリアGPで投入したエンジンのアップデートに失敗するとアルボレートは終盤無念の4戦連続リタイア。この結果でシーズンは一方的な流れとなり、プロストが待望の初のタイトルを獲得します。

前年マシンの改良型で挑んだMP4/2Bは競争力こそ優勝争いができていたものの、信頼性に深刻なトラブルが発生。シーズンを通して両ドライバー14回のリタイアを期しますが、その大半がラウダに集中したことでフェラーリにタイトルを奪われずに済みました。フェラーリがアップデートに失敗したこともあって、2年連続でのダブルタイトルを獲得しています。

1980年にデビューし、ルノー時代の活躍で既に将来有望な若手として期待されていたプロスト。1983年にピケ、1984年にラウダと2年連続で敗れてから、待望の初のチャンピオンを獲得します。

得点至上主義のように捉えられる彼ですが、1982年のフェラーリ勢の悲劇、そして1984年のラウダとの戦いを経てレースへの姿勢が変わった結果とも言われます。特にラウダには強い影響を受け、前年の敗戦以降は一度もチームメイトに総得点で敗れることのない、チャンピオンを狙い続けた戦いを続けていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました