カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フェラーリ F14T F.アロンソ

オリジナルモデル フェラーリ 2014

見ていて辛くなる一台

【マテル フェラーリF14T F.アロンソ 2014】

アロンソのフェラーリ最後の一台。PUの新規定に全く適応できなかったフェラーリは2度の表彰台のみでシーズンを終え、アロンソはフェラーリを去ります。

フェラーリ時代のアロンソは決して最速のマシンに恵めれなかったものの、それなりのマシンを与えれば結果を持ち帰るエースとしてチームを引っ張ってきました。しかし悉くベッテルに敗れ続け、チャンピオン獲得の大きなチャンスだった大型規約変更でフェラーリはまさかの大失速を喫してしまいます。

シェイクダウンの時点ですでにパワー不足に不満を持っていたとされるアロンソ。長年フェラーリに忠誠を尽くしたといってもいいほど結果を出してきた彼にとって、耐え難い苦痛だったのでしょう。無線でのチーム批判はこのころから始まり、ついにチームに愛想をつかしてしまいました。

メルセデスやそのPUを使うウイリアムズに負けたのはもちろん、同じくPUに苦戦したレッドブルにも完敗したのはつらいことでしょう。王者ハミルトンにはダブルスコア以上の差をつけられ、ランキング6位と完全に戦いからは外れていました。それでも長年セカンドとしてこき使ってきたマッサにはしっかり勝つあたりはさすがですけど。

見るからに遅そうなノーズは掃除機などと揶揄されていましたね。なおこの年をもってフェラーリのミニカーはマテルからブラーゴへと版権が移ります。ライバルがミニチャンプスなので出来はどうしても大差がついてしまいますが、シューマッハからアロンソまでフェラーリのそれなりのミニカーを提供してくれました。マテルはフェラーリ絶頂期に版権を持つことができましたね。

アロンソにとってキャリア最後の表彰台はこの年のハンガリーGPになってしまいました。実質この年に彼のF1のキャリアは終わっていたのでしょう。正確には、イタリアGPでリタイアした瞬間だと個人的には思っています。後のマクラーレン時代はエンドロールみたいなものですからねぇ…。

2010年の華々しいデビューウィンから始まったアロンソのフェラーリ時代、ずっと応援していたのですが、悲しいかな彼は狂言回しに過ぎず、3度目の王座を得ることができませんでした。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました