フェラーリ SF21 C.サインツ モナコGP

フェラーリ2021

初優勝、だったかも

【ルックスマート フェラーリSF21 C.サインツ モナコGP 2021】

得意のモンテカルロで初優勝のチャンスもあったこの年のサインツ。しかしチームメイトのクラッシュで水泡と帰しました。

前年のシーズンイン前からフェラーリとサインを交わし、この年晴れて名門のドライバーとしてレースをすることになったサインツ。開幕直後はルクレールに遅れていたものの徐々に差を縮め、彼が得意とするモナコGPではマシンの好調さもあって初優勝の可能性もありました。

優勝に向けて大事なQ3のラストアタック、本人はポールの自信があったようですがそれも虚しく、チームメイトのルクレールのクラッシュによって赤旗となりアタックが叶いませんでした。結果4位グリッドからスタートし、レースではそのルクレールとボッタスが脱落し2位に浮上。しかし首位フェルスタッペンを狙うチャンスはないまま不完全燃焼の2位表彰台となりました。

この年のフェラーリはレッドブル・メルセデスには一歩劣るものの、モナコGPのような中低速サーキットでは速さを見せました。それだけにチームメイトをも道連れにしたルクレールのクラッシュは痛かったですね。

またこの年も継続したマルボロのMWロゴはなんと蛍光グリーンに変色しました。いろいろ理由が説明されていた気がしますがあまりのゲテモノカラーで全く覚えていません。これを許すくらいフェラーリに献金しているんだぞ!というアピールの広告にしか思えませんよね。マルボロは手を変え品を変え何とかロゴを残そうとしましたが、MWも結局禁止となりこの年限りでパートナーシップ解消を発表しました。

得意のサーキットでチャンスをふいにされたものの、フェラーリへの加入は成功したようでこの年は4度の表彰台を獲得したサインツ。ルクレールにはいくつか不運があったものの年間ポイントでは彼を上回りました。一時はチームがサインツのフィードバックを重視し始めている、なんて報道が出たように、この年は初年度ながらチームに上手く馴染めていましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました