アストンマーティン AMR21 L.ストロール

アストンマーティン2021

確変終了

【ミニチャンプス アストンマーティンAMR21 L.ストロール 2021】

前年著しく躍進したレーシングポイントとストロール。この年はアストンマーティンに名義変更し、御曹司はついにワークスチームのF1ドライバーとなりました。が、その1年目はあまりに地味でしたね。

アストンマーティン初年度は開幕前の華々しいカラーリング披露やパートナーシップ発表から一転、表彰台はおろか入賞すら危うくなる微妙なマシンだったのであまり記憶に残るレースはありませんね。唯一鮮明に覚えているのはベッテルが表彰台を獲得したアゼルバイジャンGPと2位フィニッシュながら失格になったハンガリーGPくらいです。

ストロールが4度のチャンピオン・ベッテルに敵うはずもなく、この年最高位は6位という微妙な成績で終わります。前年ポールと表彰台を獲得したドライバーにしては寂しい1年でしたね。結局マシン頼みだったのでしょうか。

ブリティッシュグリーンの栄えるAMR21。久しぶりのグリーンのマシンとあってグリッドが華やぎました。見た目はかっこいいのですが、差し色でよくマッチしていた蛍光イエローがBWTとの契約で急遽微妙なピンク色に変更になるなど、あちらこちらに手を伸ばしてまとまりが無くなった印象です。

この親子の青写真は間違いなく、前年の好調を維持してアストンマーティンブランドの元優勝争いを繰り広げることだったでしょう。それが自前主義で進んだ結果、大きく後退することになりました。まぁF1ではあるあるなのですが……。父親がお金を出す限り永久的にF1ドライバーの身分が保証されている彼ですが、果たしてこの成績で何年資金が持つんでしょうかねぇ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました