2021年チャンピオン M.フェルスタッペン

World Champion Collectionレッドブル2021

激闘の世代交代

【ミニチャンプス レッドブルRB16B M.フェルスタッペン アブダビGP 2021】

F1史上2度目となる、チャンピオンを争う2人が同点で最終戦を迎えた2021年シーズン。前人未踏の8度目のタイトルに挑むハミルトンに、フェルスタッペンが世代交代を賭けて挑みます。

前年に続いてコロナの影響を受け、いくつかの変更の末全22戦で行われた2021年シーズン。2強4人に加えアルピーヌとマクラーレンがそれぞれ1勝ずつを挙げたものの、シーズンは10勝のフェルスタッペンと8勝のハミルトンの2人だけの戦いで進んでいきます。序盤はハミルトンが前年王者の勢いのまま勝利を挙げますが、中盤からはフェルスタッペンが3連勝を挙げて大きくリードを築きます。しかしシーズンを折り返すイギリスGPで両者が接触するとフェルスタッペンはリタイアし、以降2人の順位は目まぐるしく入れ替わりました。

後半に入ってもフェルスタッペンのリードに食らいついたハミルトンが最終盤で3連勝を挙げ同点に持ち直すなど、レースごとに状況が変わっていきます。そして同点のまま迎えた最終戦、レースの大半をハミルトンがリードしますが、残り5周のタイミングでクラッシュによりSCが出動。辛うじてラスト1周でリスタートとなったレースではタイヤに利があったフェルスタッペンが追い抜きに成功し、ファイナルラップで逆転王座を決めました。

レッドブルに2013年以来のタイトルをもたらしたRB16B。前年メルセデスの前にわずか2勝に終わったマシンRB16はコロナ期間の特別規制によりマイナーチェンジしか認められなかったものの、改良されグリッド最速の1台となりました。また2019年より提携を始め、この年限りで撤退を決めたホンダのPUはレッドブルの長年の懸念だったエンジンのパワーと信頼性問題を解決し、競争力のあるマシンに仕上がります。

F1に君臨する絶対王者を倒し、新世代の新たなチャンピオンとなったフェルスタッペン。2015年に史上最年少デビューを果たし、翌16年には最年少優勝を果たした逸材が期待された王座に到達しました。ハミルトン・メルセデスという最強チームとの戦いに勝っただけでなく、自身のために36年振りに復活した母国オランダGPを制すなど、プレッシャーに負けない強さを示す戴冠となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました